三菱自動車は、2016年8月11日~21日にインドネシアで開催されるインドネシア国際オートショーで、SUVの力強さとMPVの多用途性を融合させた、スモールサイズのクロスオーバーMPVのコンセプトカーを世界初披露すると発表した。

このコンセプトカーは、レイアウトの最適化とワイドボディの採用により、MPVとして乗員7名がゆったりくつろげる居住空間を確保しているという。

コンパクトな7人乗りというとトヨタシエンタ」やホンダフリード」があるが、スモールサイズというとそのあたりをベースにしたサイズ感ということだろうか。


フロントフェイスには、人とクルマを守る機能を表現したデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が採用されており、マイナーチェンジされた「アウトランダー」と共通感のある仕上がりとなっている。

アウトランダーも7人乗りの設定があるが、東南アジア向けとしてはよりコンパクトな7人乗りが主流であるため、アウトランダーよりも一回り小さいサイズであることが予想される。

デザインは、三菱自動車らしい、エッジの効いた伸びやかでスポーティなボディに、安定感の高さをアピールする大きく張り出した前後フェンダーや高めの地上高を採用。SUVらしいスタイリングや機能を融合させたクロスオーバーMPVのコンセプトカーに仕上げられている。

東南アジア専用車となる可能性も高いが、日本でのビジネスが厳しい状況なだけに、このような魅力あるモデルをいち早く日本市場へ投入してほしいものだ。

三菱自動車 2016インドネシア国際オートショースペシャルサイト
http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/