24台のみ限定生産されたアストンマーティン「ヴァルカン」が、オークションに出品へ
Related Gallery:Aston Martin Vulcan Mecum Monterey For Sale

アストンマーティン2015年に発表したサーキット専用スーパーカー「ヴァルカン」は、限定生産される24台が瞬く間に完売となった。オーナーたちはメーカーから直々に招待を受けて手に入れたが、このクルマを所有するという喜びを得るために3億円近い金額を支払わなければならなかった。その後、米国では一度340万ドルという値段で売りに出されたことがある。そして来月、再びこのレアなモデルを手に入れるチャンスがやってくる。モントレー・カーウィークで行われる「メカム・オークションズ」に、パープルのボディも眩しい1台のヴァルカンが出品される予定なのだ。

オークション主催者によれば、この車両は24台のうち11番目に生産されたものであるという。走行距離や最初のオーナーがこのクルマを手放す理由について特に説明はないが、史上最高のスーパーカーの1台を手に入れることができる大変貴重な機会であることに変わりはない。予想落札価格は、230万〜330万ドル(2億4,000万〜3億5,000万円)となっている。

入札される前に、このヴァルカンというクルマがアストンマーティンのレース活動から誕生したサーキット走行専用マシンであることは知っておいた方がいい(ただし、英国のモータースポーツ・エンジニアリング会社であるRMLに頼めば公道走行可能に改造してくれるかもしれない)。カーボンファイバー製の軽量なボディに、最高出力800hp以上を発生するという7.0リッター自然吸気V型12気筒エンジンを搭載し、シーケンシャル・トランスミッションやプッシュロッド式サスペンションもレース用というハードコアな仕立てになっている。内外装のカラーリングは顧客の好みに合わせて1台ずつ製作されることになっていたので、パープル・メタリックのボディとブラックのインテリアはこのクルマを最初に注文した人の嗜好なのだろう。オークションで落札する新オーナーはこれを受け入れるほかない。気になる方は、メカム・オークションズの公式サイトをどうぞ。


By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー