Indian Scout Sixty
インディアンモーターサイクルindian)がスタートしたのは、いまから115年も前の1901年。つまりアメリカ最古の歴史を持つブランドといえる。1903年に90km/h、08年には110km/hという当時のオートバイとしては世界最高速記録を樹立させ、その後も数々のレコードをマークし、レースでも大活躍。とくに1920年の「SCOUT(スカウト)」=V型2気筒600cc、22年の「CHIEF(チーフ)」=V型2気筒1000ccはセールス的にも成功を収め、その名を世界に知らしめている。映画『世界最速のインディアン』の主人公のモデルとなった故バート・マンロー(ハーバート・ジェームス・マンロー:ニュージーランド)が1967年に世界最速記録を打ち立てたマシンは、1920年のスカウトをベースにしていた。

Indian Scout Sixty
このように、インディアンの栄光は語り尽くせないほどあるが、1953年には戦後から続いた販売不振により生産を終了してしまう。複雑に絡み合った商標権の問題から長期にわたり市場から姿を消してしまうが、その根強い人気は衰えることなく、紆余曲折を経て2011年、ポラリスインダストリーズによって現体制がスタート。往年の名車のスピリットを受け継ぐモデルが続々とラインナップされ、今に至っている。

Indian Scout Sixty Indian Scout Sixty
スカウトももちろん復活を遂げた。インディアン初となる水冷エンジンを搭載するミドルウェイト・クルーザーとして2014年に発売開始。パワフルなライドフィールとオーセンティックなスタイルで、伝説を未来へと繋いだ。

Indian Scout Sixty Indian Scout Sixty
前置きがずいぶんと長くなったことをお詫びしたい。そして今年リリースされたのが、今回試乗した「SCOUT SIXTY(スカウト・シックスティ)」だ。1920年代の元祖スカウトのトライアングルデザインをイメージした最新の鋳造アルミ製フレームにソリッドマウントする60度Vツインは、スカウトでは69キュービックインチ=1130ccだったが、これを車名のとおり61キュービックインチ=999ccにダウンサイジングさせているのが最大の特徴。

Indian Scout Sixty Indian Scout Sixty
前後16インチのタイヤに優雅でスタイリッシュなエスカルゴフェンダーが被さり、298mmローターにフロントは2ピストンキャリパー、リアは1ピストンというABS付きのブレーキシステムやスプリット型クロスオーバー・デュアルエグゾースト、容量12.4Lの燃料タンクなどはスカウトと共通とした。

Related Gallery:Indian Scout Sixty
Indian Scout Sixty
さて、その乗り味だが、スカウトがまたそうであるようにとてもパワフルで元気がいい。大きいエンジンをドコドコ言わしながらノンビリ走るというアメリカンバイクに連想する感覚は少なく、勇ましいほどの猛ダッシュと軽快なハンドリングが楽しめ、両足を前に投げ出すクルーザー然としたフォワードコントロールであるにも関わらず、ネイキッドスポーツのような俊敏さを持っている。

Indian Scout Sixty Indian Scout Sixty
スカウトの加速は強烈だが、シックスティだって充分に力強くスロットルレスポンスも鋭い。ピークパワー78PS、最大トルク88Nm(9.0kg-m)/5800rpmは、スカウトの100PS、97.7Nm(10kg-m)/5900rpmに劣るが、数値ほどの差は感じない。アクセルを開けた分だけリニアにトルクを発揮し、高回転まで力強く回る。

Indian Scout Sixty
しかし、ボアをそのままにストロークをショート化しているので、鼓動感が希薄になりテイスティな部分がスポイルされてしまっているのでは......? と乗車前には想像したが、乗ってみるとそうは感じさせなかった。クルーザーとしてのキャラクターも忘れてはおらず、高いギヤを使ってノンビリ走るのも気持ちがよかったことも付け加えておこう。

Indian Scout Sixty
高速道路に上がると振動が消え、コンフォート性も申し分ないレベル。ウインドシールドをまったく持たないから、ハイスピードレンジではバイクよりも先に乗り手が音を上げることになるが、前後サスペンションはしっかり働くし、剛性の高いフレームとSOHCエンジンはまだまだ限界はほど遠いと言わんばかりだ。

Indian Scout Sixty Indian Scout Sixty
車体右側にパラレルで出されたマフラーはVツインらしい図太い排気音を奏で、レイダウンされたリア・ツインショックも個性的なもの。車両重量は246kgとスペック的には驚異的に軽いというわけではないが、重心が低くシート高も643mmしかないので取り回しはラクで、小柄な女性でも臆せず乗れるはず。

Indian Scout Sixty Indian Scout Sixty
Indian Scout Sixty Indian Scout Sixty
レジェンドのネーミングを受け継ぎ、アメリカンクルーザーとして最高のパフォーマンスを目指した「スカウト」の、もうひとつの顔「スカウト・シックスティ」。ただのダウンサウジング版ではなく、ハンドルやホイール、ヘッドライトリム、シートをブラックにするなど装備面にも個性を持たせ、スロットルをより大きく開けられるフレンドリーさを兼ね備えた。これは新たな伝説のスタートかもしれない。

Indian Scout Sixty Indian Scout Sixty
Indian Scout Sixty
なお、車体価格はスカウトが税込み174万円〜なのに対し、スカウト・シックスティは153万円(サンダーブラック)、パールホワイトおよびインディアンレッドはプラス3万円となっている。

■インディアンモーターサイクル 公式サイト
https://www.indianmotorcycle.co.jp/