メルセデス・ベンツ、ラグジュアリーでスポーティなゴルフカートを発表!
Related Gallery:Mercedes-Benz Garia Golf Cart

お金がある限り、使い道がなくなることはない。例えば、今回ご紹介するメルセデス・ベンツのラグジュアリーなゴルフカート。3年前、ゴルフ・ファンにとって理想的なカートのアイデアを募っていたメルセデスが、ゴルフカート・メーカーのガリア社と共同で「メルセデス・ベンツ・スタイル・エディション・ガリア・ゴルフカー(Mercedes-Benz Style Edition Garia Golf Car)」という将来のハイエンドなゴルフカートを予見するモデルを発表した。ラグジュアリーなゴルフカート・メーカーとしてその名を知られるガリアと、あらゆる分野に自社のロゴマークを進出させようとしているメルセデスによる今回のパートナシップは、理に適っていると言えるだろう。

両社の共同開発によって生まれたこのカートは、モノトーンで箱形という点においては通常のゴルフカートと同様だ。しかし、よりスポーティな走りを追求するため、ダブルウィッシュボーン式サスペンションやフロントにディスク・ブレーキを装備し、ルーフとリア・バンパーはカーボンファイバー製。「スポーツ」モードも備えているという。もちろん、車体後部には2つのゴルフバッグを載せることもできる。

しかし、よりラグジュアリーな装いが際立つのはインテリアだ。ゴルフカートでは一般的なベンチ式の真っ直ぐなシートに替わり、座り心地の良さそうな丸みを帯びたシートが採用されている。その下には冷蔵庫が内蔵されているそうだ。インテリアにもエクステリア同様にカーボンファイバーのトリムが使われているが、これに広範囲なウッドパネルやメタルのアクセントを巧く組み合わせている。こうしたスタイリッシュな装いは実用性を犠牲にすることはなく、ダッシュボードには6個のゴルフボールが入り、ボトルやカップのホルダーが両サイドに備わる。

さらに、ステアリング・ホイールの横には10インチのタブレットが搭載されており、画面上で走行速度や航続可能距離、電力消費量などの情報が確認できるほか、カートのドライブモードも切り替えられる。ゴルフコースのマップにカートの現在位置を表示することも可能だ。

ガリアによれば、この特別なゴルフカートは展示用に2台しか製作する予定はないというが、顧客の反応を観てさらに多くの台数が作られるということも有り得るだろう。最大航続距離は80km、最高速度は30km/hというこのゴルフカートのパフォーマンスは、メルセデスというブランドにしては平凡である。となると我々が思うことは、メルセデスAMGのバージョンが開発中なのではないかということだ。



By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー