メルセデスの自動運転バス、アムステルダムで20kmの区間を走行
Related Gallery:Mercedes-Benz Future Bus with City Pilot

自動運転技術に前向きなメルセデス・ベンツが18日、半自動運転技術「CityPilot」を搭載したバス「フューチャー・バス」を公開した。都市部において約20kmの自律走行が可能なこのバスは、メルセデスが考える未来の公共交通機関を形にしたもので、自律走行にはカメラ、レーダー、データ通信を利用する。

CityPilotは、2年前にダイムラーの商用トラックで公開された「Highway Pilot」という技術をさらに発展させたものだ。都市部をターゲットに開発された新しいバージョンは、人の多い混雑したエリアを移動するように設計されており、歩行者や障害物など、バスが都市部で運転中に遭遇する可能性のあるあらゆるものを検知できる。また、信号機とは通信によって表示を認識するという。トンネル内の走行、自動によるブレーキの作動、ドアの開閉も可能で、最高速度は70km/hだ。

その高い技術を証明するため、メルセデスはオランダ・アムステルダムのスキポール空港から近郊の街ハーレムまで、約20kmの区間を自動運転で走行させた。これは欧州で最も長いBRT(バス高速輸送システム)のルートであり、途中には交差点や信号機、トンネルもある。メルセデスによれば、現地の法律により、対向車が来た場合はドライバーがハンドルを操作しなければならないが、それ以外はドライバーが運転席にいれば、ハンドルを握る必要はないという。

全長12mのフューチャー・バスは、世界中の都市で使用されているメルセデスのバス「シターロ」がベースとなっている。車内は公園や広場をイメージした開放的なレイアウトで、近未来的なデザイナーシート、木の幹をイメージした手すり、キャノピースタイルのルーフが採用されている。また、車内での滞在時間に合わせて3つのエリアが設けられている。

メルセデスの広報担当者によれば、このバスの目的は技術的なデモンストレーションであり、実用化は可能だが、その予定はないという。9月にドイツで開催されるフランクフルト・モーターショーの商用車部門に展示されるそうだ。「フューチャー・バスは、近い将来にメルセデス・ベンツのラインアップに加わるため、さまざまな機能がテストされ、最適化されたあと、市販化への準備が整えられる」とのことだ。




By Greg Migliore
翻訳:日本映像翻訳アカデミー