ジャガー、100台の車両を用いて公道で自動運転技術のテストを開始
ジャガー・ランドローバーが、オフロードにおける自動運転技術を開発中であることは先日お伝えした通り。だがそれだけではなく、同社はオンロードにおける自動運転技術のさらなる開発も計画しているようだ。

同社はジャガー・ブランドにおいて、公道で100台の車両を用いて自動運転技術のテストを行うと発表した。このテストは4年を掛けて行われる予定で、まずは車両と車両の間および車両とインフラの間をつなぐ通信システムや、ステレオカメラ・システム、自動運転のソフトウェアなどから始めるという。これらのシステムを組み合わせることで、将来ジャガーやランドローバーに導入される様々な機能が実現することになる。

最初に紹介する開発中の機能は、「ロードワーク・アシスト」と呼ばれるシステムだ。これはステレオカメラが作成した3次元の画像を車載ソフトウェアが分析するというもの。例えば、カラーコーンや障害物など工事現場と関係のあるものをソフトウェアが認識すると、クルマはドライバーに工事中の区域に入ったことを警告し、クルマがレーンの中心を走行できるようにステアリングをアシストしてくれるという。ジャガーの研究部門トップ、トニー・ハーパー氏は、「このシステムはドライバーのストレスを軽減し、最終的にはこの技術が、工事中の道路でも自動運転による走行を可能にするだろう」と述べている。



「セーフ・プルアウェイ」という機能もカメラとソフトウェアを利用する。この機能は、交通渋滞や駐車場内などの至近距離における衝突を防ぐように設計されたものだ。そのような状況で接触を避けるため、クルマは直前にある障害物を監視する。ドライバーがアクセルを踏んだり、シフトレバーをドライブに入れた際に、近くにある何かをクルマが検知したら、障害物にぶつかる前に自動的にブレーキを作動させるという。

そして3つ目の機能が「オーバー・ザ・ホライズン・ウォーニング」システムだ。これは、ジャガーの車両相互間通信技術に基づく最初の機能の1つとなる。自動車同士が常に通信を行い、ドライバーから見えないところに減速あるいは停止してしまった車両があるような場合には、そうした危険要素が迫っていることをドライバーに警告するという機能だ。例えば、停止した自動車が接近中の自動車に向けて、その状況について警告するシグナルを送る。すると接近中の自動車は、見えない場所に停止した車両があるという警告を音声と視覚によってドライバーに伝える。ジャガーは、このシステムを救急車やパトカー、消防車といった緊急車両に応用することも考えているという。緊急車両がシグナルを拡散することで、路上のドライバーたちに警光灯やサイレンで気づかせるより前の段階から注意を喚起することが可能になれば、緊急車両はより速く安全に走行できるようになる。



ハーパー氏は、これらの技術が完全な自動運転車の開発に役立つだけでなく、人間が運転している状況においても多くの利点をもたらすと説明する。運転が楽しめる道路ではドライバーが自分で運転を行い、高速道路での単調な運転はコンピューターのサポートを得るといったことが可能になるという。こうした技術の多くは人間が運転している間も作動を続け、走行中の道路についての情報をドライバーに補ってくれるとハーパー氏は述べている。

「ドライバーの皆さんは、視界の外や見通しの悪いカーブの向こうに危険要素がある状況を想像していただきたい。それが不適切に駐車された自動車であれ、接近中の救急車であれ、事前に警告で知ることができれば、慌てることなく減速して危険を回避し、運転を続けられる」とハーパー氏は話す。

こうした技術の開発を見守っていくとともに、実用化を期待したい。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー