PSA BlueHDi
プジョー・シトロエン・ジャポン (本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、PSA グループ開発のクリーンディーゼル「BlueHDi」を搭載したモデル、「308 Allure BlueHDi」、「308 GT BlueHDi」、「508 GT BlueHDi」の販売を開始する。

PSA BlueHDi PSA BlueHDi
PSA グループは長年ディーゼルエンジンの開発に取り組んでおり、その歴史は1958年 PEUGEOT 403 D の量産車発売に遡る。その後も欧州の排出ガス規制に適合する、クリーンで効率のよいディーゼルエンジンを開発。その集大成ともいうべき最新のクリーンディーゼルが「BlueHDi」。昨年に累計生産100万台を突破したエンジンを、日本へ初導入する。

Related Gallery:PSA BlueHDi
Print PSA BlueHDi
「BlueHDi」は、3つの排気制御メカニズム、酸化触媒装置・SCR(選択還元触媒)・DPF(微粒子フィ ルター)を搭載し、ディーゼルからの排気汚染物質量を常時大幅に削減することを実現。また、同じ性能のガソリン車と比較した場合、CO2排出量は15%低減、燃費は25%改善した。
SCR に AdBlueを使用することで NOx(窒素酸化物)を90%削減、さらにSCRをDPFの上流(エンジン側) に配置することにより、エンジン始動直後(低温時)から迅速にNOx除去が可能となり、DPF の効率を高めた。

■DPF (Diesel Particulate Filter)
PSAグループ独自のテクノロジーによる DPF は、走行環境、粒子の大きさを問わず、エンジン始動後ただちに ほとんどの粒子状物質を除去。その再生システムは、走行状況により約 300km~1000km ごとに排気温度を高めフィルター内のPMを99.9%取り除く。

■AdBlue (尿素水溶液)
AdBlueは、トランクルーム下のタンクに貯蔵。1年または 10,000km を目安に、販売店での点検・補給 を推奨。その後、残りの走行可能距離が2,400km 以下となった場合、警告ランプと残りの走行可能距離の表示によって、補給の必要性を知らせる。

■2.0L BlueHDi
PSA BlueHDi
308 GT と 508 GT に搭載する2.0Lエンジンは、エンジン単体で EURO5 バージョンに対し約7kgの軽量化を実現、さらに摩擦を軽減する低粘度のオイルを使用し、ピストンピンにダイアモンドライクコーティングを 施すなど、効率化とフリクションロスの低減を実現。最高出力は 133kW(180ps)/3,750rpm、最大トルクは 400Nm/2,000rpm を発生。1.6L ガソリンエンジンと比べパワーは+9%、トルクは+67%と大幅に向上し、加速性能に優れたドライビングプレジャーを提供した。加えてバランサーシャフトを採用し、振動、静粛性への対策を図っている。
■1.6L BlueHDi
PSA BlueHDi
1.6L ディーゼルエンジンは、燃費と力強い走りを高次元で両立。アルミ製シリンダーヘッド&ブロックなどにより、先代のディーゼルエンジンよりも約4kg軽量化、 新しいピストンリング&ライナーに低粘度のエンジンオイルを組み合わせて摩擦を低減、可変出力オイルポンプや冷却システム用サーモスタットのセッティングを最適化した。最高出力 88kW(120ps)/3,500rpm、最大トルクは 300Nm/1,750rpm を発生し、同時に 21.0km/L というクラストップレベルの燃費性能 を誇る。

■EAT 6 (Efficient Automatic Transmission:アイシン製AWF6F45)
AWF6F45 PSA BlueHDi
EAT6 (Efficient Automatic Transmission)は、トルクフルな BlueHDi との相性がよく、クイックかつスムーズなシフトチェンジを可能にしたトランスミッションて。ギヤレシオをこれまでよりもハイギヤード化とし、同一速度域でのエンジン回転を下げ、新開発のクラッチによってロックアップ領域を拡大、トルクコンバーターのスリップロスを低減させた。ミッション全体のフリクションロスも低減し、マニュアルトランスミッションとほぼ同等のエネルギー伝達効率を追求することによって、スムーズで省燃費を実現、静粛性を高めている。

■プジョー 公式サイト
http://www.peugeot.co.jp
■シトロエン 公式サイト
http://www.citroen.jp
■DS AUTOMOBILES 公式サイト
http://www.dsautomobiles.jp​​​​​​​