すでに予約完売済み! フェラーリ、「ラ フェラーリ」のオープントップ・バージョンを公開
Related Gallery:Ferrari LaFerrari Spider

フェラーリのスーパーカーで現在その頂点に君臨する「ラ フェラーリ」が誕生してから既に数年が経つ。ということは当然ながら、さらに特別で高価なバリエーションがデビューする時が来たということだ。

フェラーリは7月5日、ラ フェラーリに開閉式ルーフを装備したオープントップ・バージョンの画像を初公開した。その噂は何年も前から囁かれており、今年3月には優良顧客のみを集めたプライベート・イベントで既に実車が公開されている。フェラーリによればこの時に受けた注文で生産予定台数は全て完売済みとのこと。我々一般人が目にするのは今年10月のパリ・モーターショーになる予定だ。そこで正式名称や生産台数が明らかにされるという。おそらくクーペの499台より少なく、価格は高くなる(2億円前後?)はずだ。

パワートレインはクーペと共通。最高出力800psの6.3リッターV型12気筒自然吸気エンジンと、163psを発生する電気モーターを組み合わせたハイブリッド・システムを搭載する。注目のルーフはカーボンファイバー製ハードトップとソフトトップの双方が用意されるそうだ。クーペ・モデルと同等の剛性や空気抵抗係数を維持するため、シャシーとエアロダイナミクスには広範囲にわたる変更が施されたという。

"世界最速のコンバーチブル"という称号をブガッティ「ヴェイロン」から奪うことはできそうもないが、世界で最も速く、最も希少なクルマの1つになることは確かだろう。


By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー