新興EVメーカーのファラデー・フューチャー社、フォーミュラEに参戦するドラゴン・レーシングとパートナーシップ契約を締結
Related Gallery:Faraday Future FFZERO1

米国の新興電気自動車メーカー、ファラデー・フューチャーは、4月にカリフォルニア州ロングビーチで開催されたフォーミュラEレースのスポンサーを務めたが、同社とフォーミュラEとの関係はこれで終わりではなかった。7月1日、同社はフォーミュラEに参戦しているドラゴン・レーシングと、長期のパートナーシップ契約およびスポンサーシップ契約を締結したと発表。2016年10月に香港ePrixで開幕する来シーズンから、同社はドラゴン・レーシングの主要テクニカル・パートナー兼タイトル・スポンサーとなる。

新たに「ファラデー・フューチャー・ドラゴン・レーシング・フォーミュラE」と名乗るチームは、さしあたり今後3シーズンに渡る計画を発表した。初参戦となるフォーミュラEの第3シーズン(2016-2017年)は、「パワートレインの持ち得る性能を最大化」するソフトウェアの開発に取り組む。続く第4シーズン(2017-2018)になると、チームは「パワー・コントローラーをはじめとするファラデー・フューチャーが開発した様々な技術を実証・実装し、技術的貢献度を拡大する」。現在のフォーミュラEの規定で各チームがようやく新型シャシーを採用できるようになる第5シーズン(2018-2019)には、「チームが適当と考える形で、ファラデーのパワートレインやソフトウェア、ファームウェアのほか様々なハードウェアを実装する取り組みを始める。これにはファラデー・フューチャー製のモーターやギアボックス、FF エシュロン・インバーターも含まれる可能性がある」という。このインバーターは同社の市販車にも搭載されることになる製品だ。

なお、この件については、フォーミュラEの第2シーズン第9戦、最終戦となる2レースが行われたロンドンで、7月1日に報道陣を集めて発表された。会見の様子をアーカイブした映像をご覧いただける。プレスリリース(英語)はこちらから。




By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー