【ビデオ】レース仕様のカワサキ「H2R」が公道で最高速400km/hを達成
カワサキ「Ninja H2R」は、他のオートバイとは違う。とんでもなく速いバイクでも最高出力はせいぜい200hp程度だが、この5万ドル(約513万円)のモンスター・マシンは、なんと300hpだ。これだけパワーがあるのだから、このバイクが公道走行不可と聞いても特に驚きはしない。最高出力200hpの「H2」は公道走行が可能だが、「H2R」はあらゆるレース・トラックで勝つために設計されており、今回紹介するビデオを見ても分かるように、直線ではクレイジーとしか言いようがないほどの速さだ。

カワサキがスポンサーとなっている信じられないほど勇敢なライダーのケナン・ソフォーグル選手は、先日開通したトルコのオスマン・ガーズィー橋(別名イズミット湾横断橋)で、このH2Rに乗り400km/hの速度を達成した。現在、ソフォーグルはスーパースポーツ世界選手権で最多勝利を誇っているが、これで、閉鎖された高速道路におけるH2Rの最速記録も保持することになる。徐々にうなりを上げていくマシンは、約26秒で400km/hに到達した。

スーパーバイク世界選手権のウェブサイト『WorldSBK』に掲載されたインタビューによると、カワサキはソフォーグルに、これまでH2Rが記録した最高速度は380km/hであり、誰かが400km/hを達成してくれることが社の夢だと伝えたという。そして見事、ソフォーグルがカワサキの夢を叶えたのだ。しかも30秒以内という驚異的な時間で。ソフォーグルがこれだけのスピードを閉鎖された高速道路で達成したという事実が、今回の走りをより一層印象的なものにしている。



By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミ