1980年代当時の先進的な魅力が詰まった日産「マキシマ」をジャンクヤードで発見
Related Gallery:Junked 1987 Nissan Maxima

日産の2代目「マキシマ」(日本名:ブルーバードマキシマ)は、1984年から1988年にかけて販売された高級セダンだ。後輪駆動だった「ダットサン 810マキシマ」の後継車だが、日産はその発売直前に、多額の資金を投入して北米市場モデルのブランドを「ダットサン」から「ニッサン」に変更している。巨大で(当時としては)パワフルだったマキシマは、BMW「5シリーズ」やトヨタ「クレシダ」などの競合車であり、当時の日産は先進的なカーエレクトロニクスの開発で抜きん出ていた。今回ご紹介するこの1987年モデルは、コロラド州デンバーにあるセルフサービス式のヤードを冬中かけて見て回り筆者自身が見つけたものだが、2トーンのボディ・カラーからラジオの7バンド・グラフィックイコライザーに至るまで、当時の特徴を見事に備えている。写真をたくさん撮って来たので、是非ご覧いただきたい。



1980年初期、日産は小型の音声再生機能を用いた素晴らしい音声警告装置のパイオニアだった。マキシマも1987年まで電子式音声合成による女性の声を発するエレクトロニック・ボイス・インフォメーション・システムを搭載していたが、この装置は後に味気ない電子音に替わっていった。



筆者はこのジャンク・ヤードで、見事なSF風のデジタル計器板を自分のコレクションのために購入した。筆者が収集した中には、クレシダの比較的地味な計器パネルスバル「XT(日本名:アルシオーネ)」の突飛なダッシュボードなど、日本車のものが多く含まれている。



日本ではブルーバードの名で知られるマキシマの当時のTVコマーシャルの映像もアップした。マッチョな響きのナレーションと効果的に響く印象的なジェットノイズをチェックしてほしい。


By Murilee Martin
翻訳:日本映像翻訳アカデミー