テスラ「モデルS」、パイクスピークで市販電気自動車クラスの最速記録を更新
Related Gallery:Blake Fuller's Tesla Model S at Pikes Peak

電気自動車(EV)として非常に人気が高いにもかかわらず、これまでテスラ「モデルS」は有名なパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに出場したことがなかった。初参戦となった今年、GO PUCK社の創業者でCEOのブレイク・フラー氏がわずかに改造した「モデルS P90D」のステアリングを握り、12.4マイル(約20km)のコースを駆け上がった。そのタイムは11分48.264秒。見事に市販電気自動車クラスの最速記録を更新した。

このモデルSに搭載されたGO PUCK製のバッテリーパックは、テスラ純正品よりもはるかに軽く、急速にパワーを放出できるという。インテリアは競技に不要なパーツが取り外され、ロールケージが装着されている。市販されている状態から800ポンド(約363kg)という劇的な軽量化を遂げたこともあり、フラー氏は昨年ゼロ・モーターサイクルズの電動バイクが記録したこれまでの最速タイムを抜くことができた。

12分を切る素晴らしい走りを見せたテスラの総合順位は65位。このクルマをモデルS初のレースカーだと言う人もおり、ロールケージを自分のテスラ車にも追加したいと思っているオーナーに、フラー氏は多くのヒントを与えたと言えるだろう。とはいえ、今年の競技でロマン・デュマが「ノルマM20 RDリミテッド」を操って達成した8分51秒という総合優勝タイムに、同氏とGO PUCK社のチームが少しでも近づきたいと思うのであれば、これからやるべきことはたくさんある。


By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー