【ビデオ】冠水したトンネル内を、テスラ「モデルS」がボートのように進む!
Related Gallery:2012 Tesla Model S First Drive Photos

この春、テスラモーターズは同社の電気自動車に、HEPAエアフィルターを使った「生物兵器防衛モード」を装備すると発表したが、カザフスタンのとある「モデルS」オーナーは先日、このセダンを"ボート・モード"にしたようだと、電気自動車に関する情報サイト『Electrek』が伝えている。

その際に撮影された45秒間の動画では、モデルSが冠水したトンネルを巧みに進んでいる。リアビューカメラの映像を見ると、シャシーの底部に搭載されたバッテリーパックが浸水してしまっているのは明らかだ。詳しいことは分からないが、さらなる情報が入るまでは、このクルマの気密性はかなり高いと推測しておこう。

電気自動車は従来のガソリン車よりも水によるダメージを受けやすいという説を、この映像は覆すものと思われる。もちろん、この動画をテスラCEOでTwitterの常連であるイーロン・マスク氏が見過ごすはずはなく、6月19日に「"絶対に"奨励しないが、モデルSは短時間なら水に浮きボートと化す」とツイートしている。




By Danny King
翻訳:日本映像翻訳アカデミー