アストンマーティン、顧客から注文を受けワンオフで製作した「ヴァンテージ GT12 ロードスター」を公開
Related Gallery:Aston Marting Vantage GT12 Roadster By Q Division

アストンマーティンの「ヴァンテージ GT12」は、ヴァンテージのラインアップの中で最もサーキットを意識したハードコア・バージョンだ。英国サセックス開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、同社のカスタマイズ部門「Q by Aston Martin」が、そのGT12をさらに特別に仕立てたワンオフモデル「GT12 ロードスター」を公開した。

2015年に100台が限定生産されたヴァンテージ GT12 クーペは、6.0リッター自然吸気V12エンジンが600psを発生し、車両重量は「V12ヴァンテージ S」より100kg以上も軽い。さらにGT3レーシングカー譲りのエアロパーツで武装する。これによって公道走行も可能でありながら、恐ろしい速さでサーキットを駆け巡ることができる。

そんなハードコアなモデルからルーフを取り払ってしまうとはやや妙な感じはするが、「Q by Aston Martin」は顧客から注文を受け、9カ月ほどでこれを仕上げたという。ベースとなったGT12と多くのコンポーネントを共有していると思われるが、今後、このビスポークのロードスターが再度製作されることは恐らくないだろう。

V12エンジンと7速「Sportshift」トランスミッションはGT12 クーペと共通だが、車体には独自の変更が加えられている。新たなカーボンファイバー製のボディパネルは攻撃的なルックスを演出し、サスペンションには幸せなオーナーがクーペ・バージョンと同様の優れたハンドリング性能を楽しめるようにチューニングを施したという。

折り畳み式のソフトトップとチタン製のエキゾースト・システムは、現在のターボ車では味わうことのできない、素晴らしいV12エンジンの音色を聞かせてくれる。このワンオフモデルの価格は公表されていないが、ベースであるGT12の25万ポンド(約3,500万円)を大幅に上回ることは確実だ。

このGT12 ロードスターはワンオフの宿命として、一生の大半をガレージ内で過ごすことになるのだろう。我々がその姿を見ることができるのも、これが最初で最後かもしれない。


By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー