HD BLUE SKY HEAVEN 2016
ハーレーダビッドソン国内最大級の公式イベント『BLUE SKY HEAVEN』が今年も晴天のもと9000人を集め、5月21日(土)〜22日(日)の2日間、富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)にて開催された。富士山麓がハーレーで埋め尽くされる光景は毎年恒例となっており、今年で18回目。会場内ではライブステージやさまざまな体験プログラムが多数用意され、来場者はキャンプサイトで夜を明かすこともできる。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016
ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)はこのイベントに先駆け、5月20日(金)、東京都三鷹市にある正規ディーラー『ハーレーダビッドソン三鷹』でプレスカンファレンスを開き、同社代表取締役社長のスチュワート・ファレル氏と、ハーレーダビッドソン・アジアパシフィック・バイスプレジデント・マネジングダイレクターのマーク・マカリスター氏が3つの項目を明らかにした。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016 HD BLUE SKY HEAVEN 2016
まずスポーツスターの新機種『ROADSTER(ロードスター)』のアンベールをし、本邦初披露。そのままプレス陣に試乗車を用意し、BLUE SKY HEAVEN 前夜祭が行われる富士スピードウェイまで新緑のなかを突っ切る気持ちの良いワインディングコースをツーリング。スチュワートとマークの両氏もともにハーレーでライディングし、ロードスターのスポーティさを記者らにアピールすると同時に、BLUE SKY HEAVENへの道のりを共有した。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016
そして2点目は、アメリカの総合格闘技団体である『UFC』とパートナーシップとしての契約を日本でも結ぶことを表明。北米では長きに渡って提携してきたハーレーとUFCだが、ついにアジアパシフィックにおいても協力タッグを組むことになった。これに伴い、現役日本人UFCファイターの石原"夜叉坊"暉仁選手と、同じくUFCファイターのカブ・スワンソン選手が登場。ロードスターとともにカメラに収まった。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016 HD BLUE SKY HEAVEN 2016
マーク氏はUFCについて「アジアパシフィックに5億人以上のファンがいる世界的に人気のある組織で、ここ日本国内でも700万人のファンがいると聞いています。たくさんの熱い想いを持ったファンに愛されているなど、UFCは我々ハーレーダビッドソンと共通点がある」と話した。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016 HD BLUE SKY HEAVEN 2016
3つ目は『アジアパシフィック・ディーラー・オブ・サ・イヤー2015』の発表。名誉あるアワードを手にしたのはハーレーダビッドソン三鷹で、大坪政俊社長は「栄えある賞をいただき感激で一杯です。スタッフみんなが力を合わせた成果だと思っています。また、店舗に足を運んでいただいたお客様に感謝を申し上げたい。この店舗を出すとき、よりハイレベルなブランドを感じさせるものを提供できるようにしようと考えました。これに満足せず、もっとハイレベルなサービスができるように頑張りたいと思います」と、喜びの声とともに気を引き締めなおした。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016 HD BLUE SKY HEAVEN 2016
この賞は、日本をはじめ、インドや中国、オーストラリア、ニュージーランドなどで展開するハーレーのディーラー・ネットワークの中で、売上げを含む店舗が持つパフォーマンス、顧客体験、サービス体制を考慮し、もっとも優れる店舗に贈られるもの。HDJのスチュアート・ファレル代表取締役社長は、こう言う。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016
「ハーレーダビッドソンは1913年に日本へ進出し、1世紀以上の歴史の中で充実したディーラーネットワークをつくりあげてきました。現在、国内には115もの一生懸命でプロフェッショナル、そしてお客様にひたむきなハーレーダビッドソンのストアがあります。我々はこの長い歴史の中で、どのような店舗が優れているのか学ぶことができ、また多くのディーラーをファンタスティックものにできたと自負しています。そしてお客様と接する方法の中で、もっとも需要なのがディーラーだと考えています。ハーレーダビッドソンならではの顧客体験を提供しているのは彼らです」

Related Gallery:HD BLUE SKY HEAVEN 2016
HD BLUE SKY HEAVEN 2016 HD BLUE SKY HEAVEN 2016
ロードスターなどでBLUE SKY HEAVENの会場に入った我々メディアは、「H-D×Gibson BAR」でおこなわれた前夜祭にも招かれ、ハーレー乗りたちがいかにこのビッグイベントを心待ちにしているか目の当たりにすることができた。HDJ正規販売網が運営するチャプターと呼ばれる集団が全国津々浦々から集結し、毎年この場で再会するのを楽しみにしている。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016 HD BLUE SKY HEAVEN 2016
仲間たちとの交流を後押しするのは、フード&ドリンクはもちろん歌と踊りのLIVEステージ。本番は明日だというのに早くもヒートアップし、参加者らとともに我々メディアも楽しい夜を過ごした。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016 HD BLUE SKY HEAVEN 2016
BLUE SKY HEAVEN 本番を迎えた土曜日と日曜日、空は今年も晴れ渡った。両日とも日本列島は広く高気圧に覆われ、朝から気温がぐんぐん上がる。気象庁によれば、全国929地点のうち今年最多となる102地点で最高気温が30度以上となる真夏日を記録。同庁は「体がまだ暑さに慣れていないので、熱中症に気をつけて」と、朝のニュースで呼びかけるほどの好天だ。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016
オープニングイベントでは「ロードスター」をスチュワート氏がステージ上で紹介。UFCの石原選手とスワンソン選手も登場し会場を盛り上げたとともに、自らもバブルサッカーなど会場内のアトラクションを楽しんでいた。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016
会場内にはさまざまプログラムが用意されているが、まず度肝を抜かされたのが木下真輔選手によるスタントショー。土曜日の午前と午後2回を開催したが、アイアン883やストリート750のカスタム車両などを手足の如く自由に操り、テールエンドのウイリーバーが路面を擦るほど直立させるとは驚きとしか言いようがない。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016 HD BLUE SKY HEAVEN 2016
さらにビンテージハーレーがレーシングコースを走った「OLD HARLEY-DAVIDSON SPORTS RUN」や最新モデルの試乗会も開催。圧巻だったのは全国のチャプターが参加する毎年恒例のパレードランで、今年は約800台ものハーレーが隊列を組み、レーシングコースだけでなくイベント広場も駆け抜けた。先頭を走ったのは、HDJ代表取締役社長のスチュアート・ファレル氏らだった。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016 HD BLUE SKY HEAVEN 2016
メイン会場のビッグステージにはジャズの枠をぶっ壊す『THE SHOCKING』をはじめ、国内外で活躍する『DJ KASUMI』、セクシー&キュートな『VIBES FOX』やH.O.G.メンバー&ディーラースタッフで結成したバンドも登場。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016
H-D×Gibson BARのステージにはアグレシッヴなギターが唸る『SHOKA OKUBO BLUES PROJECT』、圧倒的なR&Bヴォーカル『Tina』、爽やかな風を届けるピアノサウンドが魅力の『Ishizaki Yoshihiko』によるライブが披露され、いずれのステージも熱気に包まれた。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016 HD BLUE SKY HEAVEN 2016
HD BLUE SKY HEAVEN 2016 HD BLUE SKY HEAVEN 2016
ネイルアートやフェイクタトゥー、バブルサッカーや2歳から乗ることができるランニングバイクなど、女性や子どもたちも楽しめるプログラムを多数用意するのもBLUE SKY HEAVENの特徴であり魅力。
特設のクローズドコースを1分という所定タイムどおりに走ることを競う「BATTLE TRACKS」も参加を待つ列が絶えない。達成者は記念品がもらえる。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016
ハーレー専門誌編集長も加わった2015年度カスタムコンテスト・グランドチャンピオンシップの最終選考会も盛り上がった。福島県のワークスサクライがビルドアップしたCVOブレイクアウトがウイナーに輝く。フロントホイールを23インチに大径化し、全体に施されたミューラル&ピンストライプも見事だ。

HD BLUE SKY HEAVEN 2016
そして毎年恒例となっている花火が土曜日の夜を締めくくった。今年もBLUE SKY HEAVENは、出会いと再会に満ちあふれていた。

■ハーレーダビッドソンジャパン 公式サイト
http://www.harley-davidson.com/