【ビデオ】日産のEV開発責任者、次期型「リーフ」の航続距離が2倍になると発言
Related Gallery:Nissan IDS Concept: Tokyo 2015

日産は、2015年の東京モーターショーで60kWhのバッテリーを搭載したコンセプトカー「ニッサンIDSコンセプト」を公開し、電気自動車「リーフ」にも同容量のバッテリーを積む用意があることをほのめかしていた。このコンセプトがそのまま次期型リーフになるわけではないだろうが、そのスペックがリーフの将来を暗示していることは明らかだった。

そしてついに今回、次期型リーフが60kWhのバッテリーを搭載することが確実になった。日産のEV・HEV技術開発本部でグローバル・ディレクターを務める矢島和男氏が、AutoblogGreenの取材に対し、60kWhバッテリーのリーフへの採用を「間もなくだ」とコメントしたのである。ただし、「登場する時期は言えない」そうだ。我々は、6月19~22日にカナダのモントリオールで開催された大規模な電気自動車のシンポジウム「EVS29」で、矢島氏に直接話を聞いた。



矢島氏は「EVS29で最新のバッテリー技術(上記写真)を発表できたことを誇らしく思います」とコメント。また、「次期型リーフに搭載するバッテリーは、現行モデルの24kWhから60kWhになり、容量が2倍以上に増えます。走行状況や仕様にもよりますが、航続距離も210~220マイル(338~354km)に伸び、現行の北米仕様と比較するとおよそ2倍になるでしょう」と語った。最終的に数値がどれくらいになるにせよ、重要なことは日産が、間もなく発売されるシボレーの新型EV「Bolt」やテスラモデル3」に対し、勝負する姿勢を崩していないことだ。矢島氏は「近い将来、我々は航続距離に悩まされない電気自動車を開発できると信じています」と述べた。

ビデオでは、60kWhの新型バッテリーパックについて矢島氏による3分ほどの説明が聞ける。さっそくチェックしてみよう。




By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー