アストンマーティン、「ヴァンキッシュ・ザガート」を99台のみ限定生産すると発表!
Related Gallery:Aston Martin Vanquish Zagato

アストンマーティンは、「かつてないほどの顧客からの関心」が寄せられたことを受けて、「ヴァンキッシュ・ザガート」を限定生産すると発表した。この美しいクルマを自身のガレージに駐める特権を得られる裕福なオーナーはわずか99人で、全車が受注生産となる。納車は2017年の第1四半期ごろに開始される予定なので、財力と欲望があれば今ならまだ申し込むことができる。

アストンマーティンのヴァンキッシュ・ザガートは、今年の5月21日・22日にイタリア・コモ湖畔で開催された「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」でコンセプトカーとして初公開された。我々は公開当時に大変気に入り、その気持ちは今も変わらない。ボディ・パネルは全てカーボンファイバーで製作され、最高出力600psに引き上げられた6.0リッターV12エンジンが後輪を駆動する。0-60mph(約96.6km/h)加速は3.5秒と性能は十分だが、このグランドツアラーが実際にサーキットでタイム・アタックをすることはないだろう。アストンによると、このザガートのサスペンションには、「ユニークなGT体験ができる」特別なチューニングが施されるという。これはレーストラックを支配するというより、長距離ドライブの快適さを意味していると思われる。

アストンマーティンとイタリアの名門カロッツェリア、ザガートとのコラボレーションは、1960年の「DB4GT ザガート」から50年以上も続いており、今回が5度目となる。前回の実を結んだ協業は2011年で、「V12ヴァンテージ」をベースとした「V12ザガート」を発表したときだった。

ギャラリーの画像と下の公式ビデオで、美しく輝く赤いカラーリングを纏ったアストンマーティンとザガートの共作をぜひご覧いただきたい。



By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー