英国BBCによる自動車番組『トップギア』の新司会者となったクリス・エヴァンス(50)に対し、不満の声が高まっている。視聴者数の急落酷評の嵐に見舞われる中、今後、番組内でエヴァンスが務める役割の重要性が減るだろうと、英国紙『The Telegraph』が報道している。

エヴァンスと米国人俳優マット・ルブランは、今後も番組のスタジオ収録パートを担当し続ける。つまり、ラリークロスカーを運転する有名人の退屈なインタビューを、視聴者は見続けなければいけない。しかし、『The Telegraph』では、ベテラン自動車ジャーナリストのクリス・ハリスと英国人ジャーナリストのロリー・リードが、録画映像パートを担当するようになるのではないかと期待している。そうなれば、2人にはやるべきことが山ほどある。 Dan Moon@danjmoon
@MrRoryReid(ロリー・リード)へ。昨夜のホットハッチのコーナーはすごくよかった。それで、あなたと@harrismonkey(クリス・ハリス)が次に出演するのはいつ? もっと出てってみんな願ってる!」

ロリー・リード@MrRoryReid
@danjmoon @harrismonkey これからは毎週日曜日に出るよ」

ハリスとリードが初登場したエピソード3はポジティブな評価を得たものの、「BBC2」チャンネルで生放送された際の視聴者数は237万人。ジェレミー・クラークソンの時代に、その数字を下回るお粗末な視聴率だったのは、シーズン2のエピソード6だけだ。しかし、多くの筋が述べているように、先週の放映時間には視聴者を奪い合う強力な裏番組がひしめいていた。「BBC1」チャンネルでは開催間もないUEFA EURO 2016(サッカー欧州選手権)のトーナメントが、「ITV」チャンネルでは人気ドラマ、「コロネーション・ストリート(Coronation Street)」のスペシャル版が放映されていた。

しかし、どんな番組であれ、放映時間が良くなかったというだけでは、これほど視聴率が低下した理由にはならないだろう。BBC2による生放送で初回エピソードを見た430万人の視聴者のうち、約150万人が2週間後には番組を見るのをやめているのだ。iPlayer(BBCによるインターネット経由の視聴サービス)における同様の視聴率低下もまた懸念される。初回エピソードはオンラインで210万の視聴者数となり、テレビの視聴者と合わせて約640万の視聴者を獲得したことになるが、1週間後のエピソード2では、iPlayerの視聴者数は150万人ほどに減り、視聴者数の合計は410万人に減少したと英国紙『The Guardian』が報じている

やっぱりハリスとリードには、やるべきことが山ほどありそうだ。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー