ドバイ警察、違法公道レースを行った81台のスーパーカーを押収!
公道レースが流行しているドバイで、警察が大規模な取り締まりを敢行した。英国BBCの報道によると、ペルシャ湾沿岸に位置する首長国の地元警察は、違法に公道レースを行っていた車両81台を押収したという。オーナーたちには数百万円に上る返還費用や罰金が科され、これを支払わないとクルマは返還されない。

ドバイは人口に対しクルマの保有台数が非常に高く、高価なスーパーカーも数多く存在している。石油で潤うこの国の無鉄砲なドライバーたちは、砂漠の中へ真っ直ぐに伸びた高速道路を舞台に、違法な公道レースを行っていたとのこと。個人の特定を避けるためナンバープレートが外されていた車両もあり、中には警察の手から逃れるため200mph(約322km/h)近いスピードを出した者もいるという。

ドバイ警察がパトカーとして配備している多数のスーパーカーを思えば、この国で違法公道レースが後を絶たないことは不思議に思える。何せフォード「マスタング」シボレー「カマロ」メルセデス・ベンツ「SLS AMG」フェラーリ「FF」ランボルギーニ「アヴェンタドール」、そして1億円を超えるポルシェ「918スパイダー」アストンマーティン「One-77」、果てはブガッティ「ヴェイロンまで揃えているのだ。

ドバイ警察署長のハミス・アル・マジナー少将はBBCに対し、「(今回押収されたクルマの)オーナーたちは、違法の公道レースのためにクルマを準備または使用していた。他にも危険な走行や無謀な運転で他の道路使用者を危険にさらしたクルマが逮捕の対象となった」と述べている。オーナーたちは約280万円相当の返還費用と約140万円相当の罰金を3カ月以内に支払わないと、警察に車両を売却されてしまう。いろんな意味で危険なレースだと言わざるを得ない。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー