中国の北京で先日、3人の幼い子供たちが、両親が気付かないうちにミニバンのリアハッチから交通量の多い道路上に転がり落ちるという事件が起きた。交差点でミニバンの後ろに停車していたクルマのドライブレコーダーが撮影したその瞬間の映像を、英国のタブロイド紙『デイリー・メール』が紹介している。

信号が青になりミニバンが発進すると、同車の後部ハッチがぱかっと開き、3人の子供たちが道路上に転落。しかし、ミニバンのドライバーはこれに気付かず、そのまま走り去ろうとする。

子供たちは、突然路上に放り出されて一瞬驚いた様子だったが、1人はすぐに歩道まで逃げ出し、他の2人は道路に取り残されたままミニバンが走り去るのを見ていた。幸いにも、このドライバーは遠くまで行ってしまう前に自分の犯したミスに気が付いたため、発進してからほどなくしてクルマを停め、子供たちの元へ駆け戻っている。

中国でバンから子供が落ちるという事件は、今年に入ってからでも既に何度か起きている。3月には、まだよちよち歩きの小さな子供が祖父の運転するバンから落ちた。祖父は何が起きたのか気付かずに、環状交差点に走って行ってしまったという。4月には広東省の汕頭(シャントウ)市でも、似たような事件が起きていた。

米国予防医学会の専門誌『アメリカン・ジャーナル・オブ・プリベンティブ・メディシン』が2014年に行った調査では、中国人の親が、車内における子供の安全性に驚くほど無関心であることが明らかになっている。調査に参加した親の多くは、チャイルドシートや補助椅子、その他の子供用安全拘束装置はおろか、子供を座席に固定するシートベルトすら使用していなかった。この調査は、中国では子供の身体を座席に安全に括り付けておくようにする教育や方策が早急に必要であると結論づけている。




By Jason Marker
翻訳:日本映像翻訳アカデミー