最新作『トランスフォーマー5』で、バンブルビーが新型シボレー「カマロ」になって戻ってくる!
映画『トランスフォーマー』が、それなりの期待を背負って初公開されたのは2007年のことだった。しかしシリーズ化されたこの映画は、残念ながらそれ以降は低迷が続いている。我々は決してプロットに期待していたわけではない。ただ、オプティマスプライム(コンボイ)とオートボットの仲間たちが回を重ねるごとに派手になっていき、1980年代に幼少期を過ごし昔ながらのアニメを見て育った世代にはしっくりこないのだ。あえて言うなら、次回作にも大きな期待は抱いていない。

それはともかく、2017年6月23日に全米公開が予定されている最新作『トランスフォーマー:ザ・ラスト・ナイト(原題) 』で、バンブルビーは戻ってくる。予想されるとおり、この親愛なるロボット役を務めるのは、アニメ版のフォルクスワーゲン「ビートル」ではなく、引き続きシボレー「カマロ」だ。これは、同シリーズにGM製品が過剰に登場するという結果をもたらしている大口契約の一部によるものである。カマロが2016年型でフルモデルチェンジしたため、バンブルビーもまた作り直されることになるのは当然だろう。

というわけで、上の写真が最新作に登場する新型カマロのバンブルビーだ。我々としては、こんなたくさんのスポイラーやらウイングやら、派手な装飾や後付けパーツが付けられた『トランスフォーマー5』バージョンの哀れな黄色いクーペより、ノーマルのカマロの方がずっと良いと考える。つまり、それこそが大ヒットを狙うマイケル・ベイ監督に我々が期待することなのだ。ちなみに同監督は、新たなバンブルビーの画像をツイートした際、間違ったGMのタグを貼り付けている("@generalmotors"ではなく、正しくは"@GM")。



By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー