アウディが新型「A5」「S5」クーペを発表!
Related Gallery:2017 Audi A5

Related Gallery:2017 Audi S5

お待ちかねの新型アウディ「A5」と「S5」が登場した。外観は先代モデルによく似ているが、多少の改良も見られる。言い換えれば、このリデザインされた2台のクーペは、4ドアの兄弟車にあたる「A4」や「S4」と共通の改良が施されたということだ。

本国ドイツ向けには、最高出力190psから286psまで、2種類のガソリン「TFSI」エンジンと3種類のディーゼル「TDI」エンジンが用意される。先代と比べ、パフォーマンスは最大17%向上しながら、燃費は最高で22%も改善されているという。

一方で、高性能モデルのS5には新開発の3.0リッターV型6気筒ターボTFSIエンジンが搭載され、その最高出力は354psと、先代のスーパーチャージャー付きV6の333psを上回る。これはまた、先代の初期型に搭載されていた4.2リッター自然吸気V型8気筒と並ぶ数値だ。最大トルクはまだ公表されていないが、多少のアップは見込めるだろう。今回の出力向上により、0-100km/h加速は4.7秒と0.2秒短縮された。燃費は7.3L/100km(13.7km/L)と発表されている。

トランスミッションは7速デュアルクラッチ式「Sトロニック」が全ての4気筒モデルと218psの3.0リッターV6ディーゼルに搭載され、286ps版の3.0リッターV6ディーゼルとS5には8速ティプトロニックが組み合わされる。

A5/S5は元々ハンサムなクルマだが、アウディのデザイナーによって新型のデザインはさらに磨きが掛けられた。美しく、先代よりも洗練されたように見える。横長で六角形のエッジが鋭くなったアウディの新しいグリルはクーペ・ボディによくマッチしているが、ボンネットのラインは少しパワフルすぎるかもしれない。リヤはより可愛らしい「A3」のように魅力的に仕上がっている。ボディはカッコ良さが増しただけではなく、60kgもの軽量化に成功し、Cd値(空気抵抗係数)で0.25を達成するなど、エアロダイナミクスも向上している。

欧州では今年の秋から発売される予定だ。日本に来るのは来年だろうか。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー