「レンジローバー・イヴォーク」をパクった中国の自動車メーカーを、ついにランドローバーが提訴
どの自動車メーカーでも、程度の差こそあれ、他社のデザインからインスピレーションを受けているものだ。アストンマーティンによく似たフォード「フュージョン」を見ても分かるだろう。しかし、過去にはいくらなんでもこれはひどい、と世間の怒りを買った例もある。その1つのケースとして、ついにランドローバーが中国のあからさまな著作権侵害に対して法的手段に乗り出した。

ジャガーランドローバー(JLR)が提訴したのは、以前にもご紹介した新興自動車メーカー、LandWindの「X7」に対してだ。北京市の裁判所に、同ブランドを有する「江鈴汽車」に対する著作権侵害と不正競争の訴えがあったとロイターが報じている。つまり、"LandWind「X7」がレンジローバー・イヴォークのコピーである"ことをJLRが申し立てたことになる。この2台がどれくらい似ているかは、写真を見比べてみたらお分かりだろう。


Related Gallery:Evoque comparo


これは明らかにパクリだと言われても、言い逃れはできそうにない。ボンネット、バッジ、ヘッドライト、ミラー、サイドグリル、リアバンパーのデザインは、まるでイヴォークの組み立てラインからそのまま持ってきたかのようだ。

今回のランドローバーの訴えは、単なる著作権侵害の裁判という以上に注目する価値がある。というのも、フォードフォルクスワーゲンキャデラックBMW/MINIなど、中国によるパクリのターゲットとなっている他の自動車メーカーにも希望を与える可能性があるからだ。ロイターによれば、著作権侵害が広範囲にわたるにもかかわらず、中国の自動車メーカーは自国の裁判では有利な立場にあり、欧米のメーカーが勝訴する確率は非常に低いという。さらに、中国の自動車メーカーと激しく争えば、中国での販売が落ち込むという懸念もある。

JLRの裁判は、中国の模倣メーカーに対する今後の法的措置の行方を占うものになるだろう。果たして、どのような判決が下されるだろうか。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー