【ビデオ】この異様な装備のピックアップ・トラックで、フォードは何をテストしているのか?
まるで映画『マッドマックス』シリーズに登場し、武装した暴走バイクと戦いそうなクルマだが、この異様な装備はフォード「スーパーデューティー」を、トラック・キャンパー仕様として使用する際の安定性をテストする目的で取り付けられたものだ。そう聞くと興醒めかもしれないが、行楽用途を想定したフォード最大のピックアップトラックの走行テスト映像なんて、普段はなかなか見ることができない。

骨格のような器具はアフターマーケットのトラックキャンパーを想定して組まれたもので、キャンパーシェルを架装することで重心が上がっても、十分な安定性を維持できるかを確認するために取り付けられているという。テストされているのはピックアップ・トラックのロール抑制システム。車体が横転する危険性や他の異常な動きをセンサーが察知し、常に直立した状態が保たれるようにブレーキを調整してくれる機能だ。万が一の転倒に備えて、車体前後に巨大なバンパーも取り付けられている。

テスト器具を取り付けたことで重量は3,400kg以上になるという。つまり、必要な備品をすべて搭載したトラックキャンパーとほぼ同じだ。フォードが公開したこの映像では、普段起こりうるすべての動きに問題なく対処できるように、緊急時の車線変更やスラローム走行をテストするスーパーデューティーの姿を観ることができる。ここまで自動車メーカーでテストしているのなら、安心してキャンプに出掛けられるというものだ。



By Antti Kautonen
翻訳:日本映像翻訳アカデミー