フェラーリ、英国人オーナーのためにワンオフで製作した「458 MM スペチアーレ」を公開
Related Gallery:Ferrari 458 MM Speciale

フェラーリは5月31日、クリーミィなホワイトを纏った「458 スペチアーレ」の派生モデルを公開した。ただし、あまり興奮しない方が良い。というのも、このクルマは英国人オーナーのために作られたワンオフモデルだからだ。

この「458 MM スペチアーレ」と名付けられたスーパーカーは、イタリアのフィオラノ・サーキットでデビューし、フェラーリのチーフ・テストドライバーであるダリオ・ベヌッツィ氏と、匿名のオーナーによるドライブでシェイクダウン走行が行われた。パワートレインはベースとなった「458 スペチアーレ」と同じく、自然吸気4.5リッターV型8気筒エンジンと7速デュアルクラッチ式「F1」ギアボックスを搭載する。

フェラーリのスタイリング・センターがデザインを手掛けたというボディは、「ビアンコ・イタリア」と呼ばれる白で塗られ、そのセンターにイタリア国旗の3色ストライプが施されている。1984年の「288GTO」のようにAピラーを黒くすることで視界に映り込むのを防ぎ、また、これによってサイドウィンドウとフロントガラスが一体化して回り込んでいるように見える点も特徴的だ。

アルミニウム製のボディとカーボンファイバー製のバンパーは、さらなるエアロダイナミクスの向上を図って改良が施されている。サイドには大きなエアインテークが開けられ、ラジエターは冷却性能を高めるために設置角度を変更したという。リアに装着された新しいデザインのスポイラーが美しい。よく見るとヘッドライトも従来の458とは異なることが分かる。星型スポークのホイールもこのクルマのためにデザインされた専用品だ。

インテリアの写真は残念ながら公開されていないのだが、フェラーリの説明によると「Cioccolato」と呼ばれるチョコレート色のレザーにホワイトのステッチが施され、センタートンネルのコントロール部にはサテンホワイトの縁取りでアクセントがつけられているという。オーディオ・システムもアップグレードされているそうだ。

特別注文車両ということで価格は当然ながら明らかにされていないが、458スペチアーレの3,390万円(日本仕様)をはるかに上回ることだけは確かだ。


By Greg Migliore
翻訳:日本映像翻訳アカデミー