【ビデオ】警視庁が日産「フェアレディZ NISMO」3台をパトカーとして配備
Related Gallery:Nissan 370Z Nismo for Tokyo Police

日産は最近、3台の「フェアレディZ NISMO」を警視庁に納車した。これらの車両には回転灯、黒と白のカラーリング、そして何より最高出力355psを発揮するV6エンジンが装備されている。

日本で「フェアレディZ」が警察車両として導入されるのは今回が初めてではない。1970年代には、当時の「スカイラインGT-R」用「S20」型エンジンを搭載した「フェアレディZ432」が採用されたこともある。今回のフェアレディZ NISMOは警視庁の高速隊などに配備されるそうだが、主に警察のプロモーション目的で使用されることになったとしても、160psのZ432より速く走ることは間違いないだろう。

しかし世界の警察車両を見てみると、このフェアレディZ NISMO以外にも速そうなパトカーはたくさんある。オーストラリアの警察は最近レクサス「RC F」を導入したし、イタリアの警察はランボルギーニアルファロメオを採用している。とりわけアラブ首長国連邦のドバイ警察が誇るスーパーカー部隊は有名だ

高速道路でフェアレディZ NISMOのパトカーに出くわす前に、下の日産公式ビデオで納入式典の様子をチェックしておこう。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー