マツダは5月25~27日に神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展 2016 横浜」に出展し、新発想の制御技術「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」(以下GVC)をパネル展示した。

GVCは、「人馬一体」の走行性能を高める技術として開発されている、新世代車両運動制御「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」の第一弾となるシステムだ。


スカイアクティブ ビークル ダイナミクスとは、おなじみのスカイアクティブ エンジンやスカイアクティブ トランスミッションなど共にスカイアクティブ コンセプトで開発された、スカイアクティブ シャーシ、スカイアクティブ ボディを、これまでの単体でのスカイアクティブ技術はなく、相互的にスカイアクティブを制御する技術だ。

ちなみにスカイアクティブとは、「限界に捉われることなく、のびのびと自由な発想で究極の効率を追求し、"未来に続く青空"と"走る歓び"をすべての人に」を方針とする取り組みやアプローチの総称とのことだ。


今回展示されたGVCは、ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、従来別々に制御されていた横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールし、四輪への接地荷重を最適化してスムーズで効率的な車両挙動を実現することが出来るとのことだ。

簡単に言うと、ハンドルを切る際にフロントタイヤに荷重がかかる方がハンドリングがより確実になる。それを自動的に行う制御がGVCだ。

サーキット走行等をする読者はわかると思うが、コーナーの手前一瞬アクセルを抜くとで荷重がフロント側にかかり、フロントタイヤの接地性が高まることで、よりハンドリングの応答性が良くなる。

GVCは、走行中にドライバーがハンドルを切る動作をすると自動的にエンジンブレーキが作動し、フロントタイヤに荷重がかかるようにすることで、よりドライバーが気持ちい走りを実現するということだ。



説明員によると、この制御は、エンジンブレーキを通常かけたような前のめり感などは一切なく、人が感じることがないほど自然な動作で行われるとのことだ。

ちなみに、加速中のコーナーでも同様の制御が自動的に行われるということなので、ドライバーが加速中にアクセルを踏んでいても、ハンドルを切ればエンジンブレーキが気が付かないうちにかかっているという状態になる。通常のクルマでは起こらないこのような状態になるのが、話を聞いていてもなんとも不思議であった。

エンジンの制御ではなく、トランスミッションでも同様のエンジンブレーキのような制御が行えるのではとの問いに対しては、エンジンでの制御の方が減速感のない、より自然な走りができるということだ。

この制御はウエット、ドライの路面状況に関わらず、効果的に働くということで、特にウエット路面でタイヤのグリップ性がかかりにくい場合などの方が効果が高い。

なお、バックの際は制御は働かないが、前進であれば発進したらすぐにこの制御がかかり、効果を発揮するとのことなので、採用されれば、マツダ車のハンドリングが格段に変わるかもしれない。

GVCの制御には、追加のメカやセンサーは必要なく、あくまでプログラムだけのチューンで実現できるということなので、コストアップしない点も魅力的だ。

ソフトの改良でGVC対応できるのであれば、既存車両をディーラーでアップデートできないのかと伺ったところ、残念ながらそれは難しいとのこと。

今後の採用車種は未定とのことだが、マイナーチェンジレベルの新車投入タイミングで順次採用されていくに違いない。

マツダスカイアクティブ 公式サイト
http://www.mazda.com/ja/innovation/technology/skyactiv/

人とくるまのテクノロジー展2016横浜 公式サイト
http://expo.jsae.or.jp/