スズキは、「人とくるまのテクノロジー展 2016 横浜」に、開発中のフルハイブリッドシステムのモデルなどを出展した。

現在スズキでは、「イグニス」や「ソリオ」などにマイルドハイブリッドをラインナップしているが、モーターによるEV走行を可能にするフルハイブリッドのモデルはない。

画像は、開発中のフルハイブリッドシステムをソリオに載せた展示モデルだ。


スズキのハイブリッドシステムの面白いところは、AGS(オートギアシフト)と組み合わせた独自のハイブリッドシステムという点。

既にトルコンやCVTのトランスミッションに加え、ホンダの「フィット」などではデュアルクラッチとの組み合わせた効率のよいハイブリッドシステムが登場してきているので、目新しさはないと思っていたが、説明員に伺うと、AGSの弱点をモーターで補うという点で、市販としては世界初となるであろうシステムとのことだ。

安価で、軽量、コンパクトを売りにしているAGSはシングルクラッチなので、変速時にマニュアルトランスミッション車のようにクラッチを切り替える際の息継ぎのような加速の継ぎ目を感じる。

その息継ぎをハイブリッドシステムのモーターで補ってしまうので、AGSであってもスムーズな加速が実現するということなのだ。

AGSのようなシングルクラッチのオートマチックトランスミッションはコンパクトな点も売りなので、サイズが限られたコンパクトカーを中心にこのタイプのハイブリッドカーが増えていく可能性もありそうだ。

なお、このシステム自体は、開発中とのことだが、東京モーターショー2015で発表済みのため、登場する日は近そうだ。



ブース内には、新開発のディーゼルエンジンも展示されていた。ディーゼルエンジンにしては、凄くコンパクトなエンジンだなあと見ていたがそれもそのはず、0.8Lで2気筒というものであった。

ちなみに、そのスペックは、ターボチャージャーが搭載され、最高出力35kw/3500rpm、最大トルクは125Nm/2000rpmと、小型車には充分なパワーと太めのトルクを発生している。

マツダデミオ」などで、1.5Lといった比較的小排気量のディーゼルが登場し、人気が出てきているが、このエンジンを日本へ投入する予定はあるかと説明員に確認したところ、その予定はないとのこと。

インドは、軽油を使うディーゼル車に対して手厚い補助があり、コンパクトカーに搭載できるこのようなエンジンが必要だが、基本的には、このクラスのコンパクトなエンジンの場合、ガソリンエンジンの方が優れているため、残念ながら日本にはこのディーゼルエンジンを投入する必要はないとのことだ。

今回の出展では、AGSを使ったフルハイブリッドシステムや2気筒ディーゼルエンジンなど、他社にはないコンパクトカーに対するアプローチがあり、今後もスズキらしいコンパクトカー向け独自技術が期待できそうだ。

スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp/