【ビデオ】エネルジカ、米国カリフォルニア州で電動ネイキッド・バイク「エヴァ」を公開!
Related Gallery:2016 Energica Eva Photos

CRPグループの子会社で、イタリア・モデナに本社を置く電動バイク・メーカーのエネルジカ・モーターカンパニーは、小規模だが質の高い製品を提供するブランドだ。だから同社が米国カリフォルニア州サンフランシスコ中心部へ出店を発表したのにも頷ける。エネルジカは、自社初の旗艦店をオープンして米国市場を重視する姿勢を示すとともに、世界規模で販売ネットワークを展開したいと考えているのだ。

このニュースは、同社2台目のモデル「エヴァ」(写真)がカリフォルニアの路上にデビューしたことに続くホットな話題と言えるだろう。エヴァは、レーシーな最初のモデル「エゴ」よりもアップライトな着座姿勢を採り、カウルのないストリートファイター系のネイキッドに仕上げられている。俳優ビル・ルヴァスールがハンドルを握るエヴァの紹介映像(文末1本目のビデオ)は、カリフォルニア州ロサンゼルスからサンフランシスコへのツーリングの様子を収めているが、その道中にはカーメルで毎年開催されているモントレー・カーウィークのイベントの1つ、「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」に参加するというスペシャル映像も含まれている。

このツーリングが容易だったのは、エネルジカのバイクにレベル2の急速充電器が搭載されていたからだ。450マイル(約720㎞)の走行ルートに9カ所、平均して23分おきに充電施設が設置されていたことも大きい。このツーリングでは、様々な観光名所に立ち寄ることも綿密に計画されており、マルホランド・ハイウェイ沿いにあるライダーのたまり場として有名な「Rock Store」、ウッドサイドの州道35号線(別名スカイライン・ブールバード)沿いの「Alice's Restaurant」、そしてもちろん、写真撮影に欠かせないゴールデンゲートブリッジなどを訪れたという。

EICMA2014(ミラノショー)で市販モデルが初公開されたエヴァは、エゴのシャシーとドライブトレインを受け継いでいるが、エゴの最高出力136hpと最大トルク19.9kgmに対し、エヴァはそれぞれ95hpと17.3kgmへややデチューンされている。最高速度は200km/hで、最大航続距離はエコモードで200km。エネルジカは『Autoblog Green』の取材に対し、7月にショップがオープンする際の予定価格は3万4,000ドル(約375万円)になると答えている。

我々はまだエヴァに乗っていないのだが、既に試乗した人の話によると、乗り味はスポーツバイクのエゴとよく似ているものの、迫力はやや控えめだとか。気になる方は下のビデオとエネルジカの公式サイトをご覧いただきたい。





By Domenick Yoney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー