Audi Q7
 あらためて眺めてみても。その大柄ぶりに驚く。プレミアムSUVらしい堂々とした体躯は、見るものを惹き付けるオーラがある。  
 アウディQ7がデビューしたのが2006年。大柄なボディと7名を呑み込む広い空間を武器に、これまで多くの支持を得てきた。ライバルメーカーもこぞってこのジャンルに参入してきており激戦必至。10年ぶりにカンフル剤を打ち、2代目として誕生したのが今回の試乗車だ。

Audi Q7
 あらためて眺めると大きく見えるものの、先代と比較すれは小型になっている。全長は35mm短縮され、全幅も15mm狭められている。だというのに、大柄に見えるのは相対的な理由による。

Audi Q7 Audi Q7
 ライバルであるポルシェ・カイエンよりも全高で20mm高く、全幅で30mmワイドだ。全長にいたっては215mmも長いのである。さすがにメルセデスGLSよりはコンパクトだが、堂々としたボディは迫力がある。角をラウンドさせ、威圧感を抑えたフロントの意匠を与えるなど、いかにも巨大な乗り物という雰囲気を巧みに消す努力は感じられるものの、実際に目の前で眺めると、いさぎいいほど堂々としているのだ。

Audi Q7 Audi Q7
 先代に比較してさらに室内の空間も広げられている。逆に室内空間には余裕が増えた。エマージェンシー用とも思えた3列目も、ヘッドルームやショルダースペースとも拡大している。乗員の乗り降りにも配慮が行き届いている。2列目シートが簡単に折り畳まれることで、3列目が立派なシートとして機能するようになったのは朗報だ。

Audi Q7 Audi Q7
 ラゲージスペースも295lが確保されている。仮に3列目を折り畳めば、770lにもなる。この手のSUVでは荷物満載でロングドライブすることも少なくないわけで、そのあたりの気配りはアクティブユーザーの心に響くのである。

Related Gallery:Audi Q7
Audi Q7
 とはいうものの、ライバルより大柄である点はメリットでもあり、デメリットにもなる。この手のアーバンSUVでは市街地での取り回しにも悪影響する。だがそこはそこ、ちゃんと対策がされている。オールホイールステアリングを準備しているのだ。文字どおり四輪操舵である。

Audi Q7 Audi Q7
 低速では後輪が最大5度まで逆位相にステアする。これによって最少回転半径は、最大で40cmも小さくなる。駐車場で試してみたら、あきらかに小回りが効く。数値的には、ひとサイズコンパクトなQ5と同等の回転半径なのだ。大きくとも手に余ることがないように配慮されているのである。

Audi Q7 Audi Q7
 大柄ボディゆえのデメリット、つまり重量増に対しても対策済みだ。先代に比較して、なんと、300kgものダイエットに成功しているというのだから驚きだ。ボディだけで71kg、ドアだけで24kg、シャシーだけで100kg。1gの攻防の中で300kgという数字は信じられないほど。もちろん軽量なマテリアルを注いだことはたしかなのだが、装備を減らしたり、機能部品を省略してのダイエットではないところに感心する。

Audi Q7
 さて肝心の走りなのだが軽量化の効果もあって、鈍重な印象はない。アウディ全般に共通した、しっとりと路面を包み込むような湿度感のある乗り味はQ7でも健在。255/55R19インチの大径タイヤをしなやかに履きこなす。

Audi Q7 Audi Q7
 タイヤ銘柄はスポーティ仕様が奢られている。だが、それは軽快なハンドリングには貢献しつつも、乗り心地を悪化させていない。しっとりした乗り味は失われていないのだ。

Audi Q7
 今回からは直列4気筒の2リッターエンジンが導入されたのだが、残念ながら試乗車はV型6気筒3リッタースーパーチャージャーモデル。さすがにトルクが充実しているし、レスポンスは素直だから、Q7の軽量ボディがなおさら軽く感じた

Audi Q7 Audi Q7
 フラッグシップSUVには堂々としたホディが必要に思うのだが、それでは取り回しや重量増からくる走りや環境性能の悪化が気になる。
 その相反する要件をこの新型アウディQ7は綺麗にまとめてくれていた。

■アウディ 公式サイト
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja.html


■アウディ Q7 公式サイト
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/q7/q7.html