フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)が5月20~21日に開催したファン・イベント「VW Day 2016」では、バラエティに富んだフォルクスワーゲンオリジナルグッズをイベント特別価格にて販売する「フォルクスワーゲンマーケット」が設置された。

会場内でしか買えないグッズや、新製品、数量限定品など多彩なラインアップが出展され、売り切れてしまう商品が出るなどファンに人気なスポットの一つとなっていた。

今回はその中で筆者が気になったアイテムをご紹介しよう。まずは画像のフロント半分のゴルフGTI。ミニカーにしては大きめだが、前半分しかないので走らせることはできないようだ。

Related Gallery:VW Day 2016 Goods


これは、「ゴルフGTI 3Dデコライト」(LEDルームライト)というぴかっと光る数量限定商品。

ヘッドライトも光るが、ボディ下面にもLEDライトが内蔵されており、画像のようにインテリアの壁掛けライトとして使えるグッズのようだ。

こちらは、通常価格8,640円(以下すべて税込)のところ、スペシャルプライスで5,000円で販売されていた。カラーはホワイトとレッドの2色。子どもだけではなく、大人も読書灯として活用できそうだ。


こちらは今回登場したばかりの数量限定の子供用のツナギ。価格は10,000円。

以前、ディーラー向けに用意したことはあったが、値段をつけて販売したのは今回が初めてとのこと。子どもと一緒にクルマいじりをするといったシチュエーションが思い浮かぶ。汚れを気にしないで工作したい時にも重宝しそうだ。


新製品でおススメは、「BUS ペットボトルホルダー」。通常4,104円がスペシャルプライスで2,500円。かわいいデザインがあしらわれたこのBUSタイプのホルダーは、これから暑くなる際の外出時にペットボトル飲料を持ち歩くのに便利そうだ。


そのほか、新製品としては、今治タオルを使った商品や、「フロアマットスプレー」「サーモマグ」「iPhone SE用VWロゴ入りプライバシーフィルム」など、日常の生活で便利に使えるアイテムが用意されていた。


なお、VW DAY限定アイテムとしては、画像のコースターが300円(各2枚入)で4種類発売された。

フォルクスワーゲンといえば、この2台といったところだが、単純なラインで、このクルマとすぐ分かるという特徴的なデザインを採用している点が、フォルクスワーゲンの人気の一つかもしれない。

大衆車という名前でありながら、日本ではやや高めの価格となっている。その価格差を埋めるものは、つまり安全性であったり、走りであったり、またブランドの信頼性であったりする付加価値によるもの。

その点で、ファングッズの売れ行きは、ファンのブランドへの期待を表すバロメーターになるかもしれないと感じられた。

今後も、ファンへ向けた個性的で魅力ある新製品の投入を期待したい。

フォルクスワーゲン 公式サイト
http://www.volkswagen.co.jp


VW DAY 2016 公式サイト
http://web.volkswagen.co.jp/ja/volkswagen/events/2016/0428/