eBayに出品された個性的な2台のトヨタ「86」 貴方ならどちらを選ぶ?
インフォテインメントシステムや収納スペース、電動調節式シートといった実用的な装備のことは一度忘れてみよう。現代のクルマからこれらの飾りを取り払ってみると、そこには画家に描かれるのを待つ真っ白なキャンバスが広がる。センスの良い改造を少し施すだけで、クルマというものは生まれ変わるのだ。


今回ご紹介する2台のサイオン「FR-S」(日本名:トヨタ「86」)は、まさにそんな作品と言える。2台をオークションサイトのeBayで見かけたとき、我々の頭にある質問が浮かんだ。それを今ここで読者の皆さんに投げ掛けたい。「レース仕様のレッドか、シンプルなブラックか、貴方ならどちらのFR-Sに入札する?」



目を見張るようなフェンダーフレアとむき出しのリベットで"ワイドボディ"にする改造は、誰もが好むわけではない。しかし、この赤い2013年式FR-Sは、それが見事に調和している。出品情報によれば、張り出したフェンダー、スプリッター、追加されたエアロパーツは、ワイドボディの改造キットで有名なロケットバニー製のキットを使用しているという。レーシーなボディの改造は、もともと従順そうなFR-Sの外観に著しく刺激的な攻撃性を与え、ボンネットの中身に対しても、見る者に同様のイメージを抱かせる。

そんな威圧的なFR-Sには、HKS製スーパーチャージャーとエキゾーストが装着されており、書き換えたエンジン・マネジメント・システム、レース仕様のバディークラブ製ショックアブソーバー、ヨコハマ「アドバン AD08」タイヤを装着したBee-R製ホイールなどを備える。全体的な印象はサーキット兼ストリートの獰猛なモンスターマシンといったところだ。



赤いFR-Sが甲高い雄叫びを発するイメージである一方、ブラックのFR-Sは息をひそめながら唸り声を立てているかのようだ。堂々として力強いが、節度のある印象を受ける。ベースは同じく2013年式FR-Sで、フロント・リップとトランク・リッドにカーボンファイバーのアクセントを取り入れた官能的なVARIS製「ARISING 2」ボディキットを装着。プロジェクターヘッドライトと、トムス製LEDテールランプも装備されている。さらにミシュラン製「パイロットスーパースポーツ」タイヤを装着したガンメタル色のワーク製「マイスターM1R」ホイールが目を引く。

スーパーチャージャーは装着されていないものの、新たに取り付けられたセラミックコートのエキゾーストヘッダーと大流量触媒コンバーターのおかげで、2.0リッター水平対向エンジンは少しばかり呼吸しやすくなっているはずだ。クスコの「スポーツゼロ3S」ショックアブソーバーによってハイドリングも向上しているだろう。


どちもそれぞれ個性的なスタイルで魅力を感じさせる。さて、貴方ならどちらを選ぶ?

注:この記事は『BOLDRIDE』に掲載されたZach Doell記者による記事を転載したもの。

By BoldRide
翻訳:日本映像翻訳アカデミー