Honda CRF 1000L Africa Twin
最初に断わっておくけど、私は二輪のプロじゃない。
四輪のジャーナリストとして日々自動車の評論を行っている、ただのバイク好きだ。そのバイクだって、乗りまくっていた女子大生時代以来、10年を越えるタイムラグを経て、昨年5月に大型免許を取得したっていう、れっきとしたリターンライダーである。
でももしこれを読んでいるあなたが、私のようにいくつかの時を経てバイクにもう一度乗りたい、その相棒としてホンダのアフリカツインを選びたいと思っているならば、ちょっとは参考にしていただけるんじゃないかと思っている。

Honda CRF 1000L Africa Twin
昨年開催された東京モーターショーのホンダブースに展示されていたコレを見たとき、ある感慨が心に湧き上がってくるのを止められなかったことを、今もしっかりと覚えている。アフリカツイン、その大柄な、威風堂々たる佇まいたるや!

Honda CRF 1000L Africa Twin Honda CRF 1000L Africa Twin
1980年代、かつて「世界一過酷なモータースポーツ」と言われたダカールラリーを駆け抜けて、ホンダを4度の優勝に導いたNXR750の血筋を直系で受け継ぐという、世にも男性的な乗り物であるのに反して、果たして展示されていた実物は、まるで背筋のすらっと伸びた白磁の肌の貴婦人のように気高い雰囲気を漂わせていた。

Honda CRF 1000L Africa Twin Honda CRF 1000L Africa Twin
なんと抒情的なバイクなんだろう。

Honda CRF 1000L Africa Twin
一瞬で釘づけになった。だけど、同時に「これはちょっと乗りこなせないだろうな」とも直感的に感じていた。だって、全長2.335×全幅930×全高1.475(mm)。もうなんしか大きすぎるんだもの。
展示車両の前でひとり、うんうん唸る不審な私に声をかけて下さった人がいた。HMJ(ホンダ・モーターサイクル・ジャパン)のSさんである。

Honda CRF 1000L Africa Twin
「大丈夫、今回のCRF 1000L Africa Twinにはオプションでローシートを用意しています。ノーマル状態では870mmですが、ローシートとシート・アジャスト機構をフルに使えば、このポジションよりも5センチもシート高を落とすことが出来ますから、今井さんでもきっと乗ることができますよ」

ほ、ほんまですか!一縷の光とはまさにこのことである。身長162cm、体重は思い切って告白するけど52kg。そんなに飛び抜けてスリムなほうじゃないけど、こういう足つき悪そうなバイクを目の前にしたときだけ、ああ体重80kgくらいあったらもっと足着き良くなるんだろうなとため息が出る。もちろん身長があと10cm高くなってもかまへんのやで。しかし世の中には叶わぬ現実だってあるわけで、私はイマのカラダでバイクに乗る方法を模索するほかはない。

Honda Africa Twin
そうして、跨らせていただいたCRF1000L Africa Twinは、本当にちゃんと足が着いた。いや、お尻を左側にずらしてつま先でようよう、ではあったけれど、箸にも棒にもかからないなんていうリアル宙ぶらりんみたいな悲惨な状態ではなかった。
もしかして、私にも乗られるかもしれない。その期待は光明のように私の心を躍らせたのだった。

Related Gallery:Honda CRF 1000L Africa Twin
Honda CRF 1000L Africa Twin
CRF1000L Africa Twinに憧れた、もうひとつの理由がある。
昨年、私は生まれて初めてアフリカ大陸の土を踏み、サハラ砂漠に向かった。・・・なんて言うとワケありっぽくてかっちょいいのだけど、単に趣味の旅行なので大したアレではない。一年に一回くらい、リセットのために長期の一人旅に出掛けるのが恒例なのだ。それだけのこと。
しかし、初めて目にした砂漠、ホンモノのサハラは言葉にできないくらい圧倒的だった。すべての音が砂に吸われるように無音で、いや無音なのも当然なくらいに周囲にはなんにもなくて、一歩桃色の砂たゆたう砂漠に足を踏み入れたら、そこは連綿と果てまでただひたすら砂しか存在しない、そんな世界だったのだ。

Honda CRF 1000L Africa Twin Honda CRF 1000L Africa Twin
ここを走るって、どういう気持ちなんだろう。あの砂丘の先まで行くには、どうしたらいいんだろう。砂漠の国境を越えるとき、そこにはなにがあるんだろう。わずか4日間の滞在で、私はまったく砂に魅せられてしまった。そうしたら、どうしたってあのバイクしかない。CRF1000L Africa Twinだ。東京モーターショーのあの、ホンダブースで心に浮かび上がってきたのは、甘い夕焼けに染まるサハラの砂の海だった。

Honda CRF 1000L Africa Twin
果たして、対峙したCRF1000L Africa Twinは、やっぱりとてつもなくドデカい風体であった。なんだこの威圧感は!サイドスタンドを払い、手で押すのも一苦労なくらいの重量感は、想像した以上のものだった。そもそもこんな風なアドベンチャーモデル自体、ほぼ初体験なのだ。車重は242kg(DCTモデル)、これを聞くとべらぼうに重たいわけではないのだけど、普段よく触れているオンロードモデルとは重心もハンドル位置も違うから、自分の体重をテコの原理で生かして取り回さざるを得ない細腕(・・・)女子には結構キツい。さらに、乗り込みにもやや不安が残る。

Honda CRF 1000L Africa Twin
今回はモーターショーでHMJのSさんがご提案下さったとおりの、ローシート+シート・アジャスト機構(車両本体のキーを使い、シートの着脱操作でシート高を20mm下げられるというもの)の、マイナス5センチ、通称スーパーロー仕様を用意していただいたのだが、それでもベタ足着くとはお世辞にも言えない。

Honda CRF 1000L Africa Twin Honda CRF 1000L Africa Twin
よって、自動的に全体重+バイク分をつま先という頼りないパーツに預けなければいけないシーンも発生するわけで。先述の重心の問題もあり、慣れるまでは誰かに支えていただくしかない。だってコケるのやだもん。もしくは、サイドスタンドを立てたまま乗り込み、シートに身体を落ち着けてからサイドスタンドを払うという方法がいちばん安全だ。しかし、このサイドスタンドがなかなかに機能的に出来ていて、私の足の長さでは、さっと払うことがかなり困難だった。

Honda CRF 1000L Africa Twin
CRF1000L Africa Twinはその走行の花道をオフロードシーンに置いている。だから、サイドスタンドもなるべくひっかかりのないような、シンプルなバー形状になっていて、足を引っ掛けて出すような補助ステー類が装備されていないのだ。しかも、オフロード走行中にグラグラしたり安易に飛び出たりしないように、バネも強め。これがフツーに使うにはやや面倒なカタさに変わるのだ。

Honda CRF 1000L Africa Twin
というわけで瀕死の虫のような惨状でおそるおそる一般道に乗り出してみた。
今回試乗に選んだのは、トランスミッションにデュアルクラッチ(DCT)を採用したモデル。普段はクラッチレバーを引くことはおろか、シフトペダルを踏まなくてもバイクが自動的にギアを選択してくれるオートマ仕様である。

Honda CRF 1000L Africa Twin Honda CRF 1000L Africa Twin
ちなみに、任意でシフト操作が出来る、クルマで言うところのパドルシフトのようなシフトボタンが手元に標準で用意されているほか、通常のMTバイクのようなシフトペダルもオプションで用意されている。

Honda CRF 1000L Africa Twin
一旦走り出すと、これまでのヨロヨロ状態が嘘のように挙動が安定するあたりは、ハンドルを握る自分自身が一番驚いた。めちゃくちゃどっしりしている。接地感バツグンである。コーナーに切り込んでいくときのバンクのさせやすさや、重心の割り振りに優れているからこその荷重移動のさせやすさは、バツグンの左右バランスの賜物。バイクの上でひらり、ひらりと身を翻させられる身のこなしの軽さは、重厚感漂うルックスからはちょっと想像できなかった嬉しい誤算だ。アクセルを開けて行くごとに安心感が増していくあたりは、ほかのホンダのロードモデルとやや似た性格を持っていると感じた。

Honda CRF 1000L Africa Twin Honda CRF 1000L Africa Twin
ライディングポジションはかなり高めなので、実際の車速よりはスピードが出ているようにも感じるのだが、そのスピード感を以てしても安定感が勝って怖さを感じない。スロットルを開けて行った時のトルクのかかり方も、ピーキーさを抑えたホンダらしいジェントルなもの。初めて跨ったって、振り回されることはない。

Honda CRF 1000L Africa Twin
しかし、DCTには若干の違和感を感じた。
いや、これ、オフロードをガンガンに愛好する諸先輩方、とくに友人でオフロードの鬼である俳優の大鶴義丹氏なんかは絶賛していらっしゃる。ハードなオフロード、特に登坂のようなシーンにおいて、「ああ、このままのギアではエンストする...でも今クラッチを握る余裕がない!」みたいな極限状態において、DCTだとそのままアクセルを開けて行けばバイク側が勝手にシフトダウンをしてくれるから、こんなに安心なことはないとおっしゃる。しかし、私の試乗シーンは一般道。

Honda CRF 1000L Africa Twin
普通にスロットルを開けて、速度に乗せて行く、もしくは速度を落としていくような、直線ではなんの問題もない。むしろ、そのスムーズなギアの選択には感激した。しかし、ワインディングに入るとやや愚図る。コーナー直前で速度を落とし、さらにすぐにアクセルを開いて登坂コーナーに入らなければいけないようなときに、デュアルクラッチならではの一瞬のシフト選択のラグが、ものすごく怖いんである。このラグの感じ、DCTの自動車に乗っている人もわかってくれるんじゃないかと思う。でもバイクはタイヤが2つしかない。そういうときは車体もバンクさせているし、速度もかなり落ちているから、もしこのままギアが入らなかったら、とだいぶヒヤヒヤするのだ。

Honda CRF 1000L Africa Twin Honda CRF 1000L Africa Twin
技術者曰く、これで駆動が抜けるということは100%ないということだが、バンクさせている本人としては、気が気ではない。まあ、オーナーは乗っているうちに慣れちゃうかもしれないが、やっぱりMTのが好みかもしれない、と私自身は感じた。

Honda CRF 1000L Africa Twin
さらに言うなら、やっぱりいくら走っているときに安定感があっても、停止するときはかなり不安だ。足着きという問題はかなり根深いと思う。とにかく大売れしているというこのCRF 1000L Afirica Twin、果たして何パーセントの人がハードなオフロードにコイツを持ち込むのか。オンロードのみで使用したい人も多いんではないか。それを考えたら、ローシートだけではなくローサスバージョンも用意されていたら、なお広いユーザー層を取り込めるんじゃないかと思う。タダでとは言わない、オプションでいいですので!

Honda CRF 1000L Africa Twin
ホンキでCRF 1000L Afirica Twinを欲しいと思った私だからこそ、ちょっと辛口になってしまったことは大目に見て欲しい。

Honda CRF 1000L Africa Twin
ああ、いつか本当にコレでサハラを、アフリカを走りたいと思っているから。

■Honda 公式サイト
http://www.honda.co.jp/