Maserati Levante
マセラティ ジャパン株式会社は、100年を超えるマセラティ史上初めてのSUV「マセラティ レヴァンテ」3モデルを9月頃から発売開始することを、5月10日に行われたプレス発表会にて発表した。

Related Gallery:Maserati Levante


Maserati Levante Maserati Levante
車両本体価格(税込)は、最高出力350psの「マセラティ レヴァンテ」が10,800,000円、430psの「マセラティ レヴァンテ S」が12,790,000円、ディーゼルエンジン搭載の「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」は価格未定となっている。
5月10日から受注を開始し、デリバリーについては「マセラティ レヴァンテ」と「マセラティ レヴァンテ S」は2016年9月頃、「マセラティ ディーゼル」は来春を予定している。

Maserati Levante
2016年のジュネーブモーターショーで待望のワールドプレミアムを飾った、スーパーラグジュアリーSUV「マセラティ レヴァンテ」は、マセラティの歴史の転換点となるモデルだ。フラッグシップモデルの「クワトロポルテ」、ミドルセダンの「ギブリ」、2ドアクーペ「グラントゥーリズモ」、オープンモデルの「グランカブリオ」に新開発のSUV「レヴァンテ」が加わることにより、マセラティ史上最もワイドレンジな製品ラインアップを形成することとなる。

Maserati Levante
「レヴァンテ」というモデル名は、穏やかな風から瞬時にして強風に変化することのある、地中海の暖かな風の呼び名に由来しており、まさにマセラティ初のSUVの性格を表している。そのプラットフォームには「ギブリ」のシャーシをベースに進化させ、クーペのラインを活かした流麗なスタイリングと快適性と実用性に加え、卓越したオンロード走行性能とオフロード走破性を提供できるよう専用開発されている。

Maserati Levante Maserati Levante
このクラスの車両の中では、重心位置が最も低いうえに、前後50:50という理想的な重量配分と、クラス最高のエアロダイナミクスを実現。また、5+1段階の可変車高を備えたエア・スプリング・サスペンションによる車高調整機能が標準装備されている。パワートレインには最新の進化を遂げた、マセラティ3.0リッターV型6気筒エンジンを搭載。最高出力350psの「レヴァンテ」、430psの「レヴァンテS」の2種類のツイン・ターボ・ガソリン・エンジンと、さらに最高出力275psのターボ・ディーゼル・エンジンの「レヴァン ディーゼル」の3モデルを用意。すべてのエンジンが"Q4"AWDシステムと組み合わされ、トランスミッションにはZF製8速ATを採用。このエンジンには燃費向上と環境に配慮した、スタート&ストップシステムも組み込まれている。

Maserati Levante
インテリアは、高品質レザーを張り巡らせた、五感にうったえかけてくるようなラグジュアリーな空間。人間工学に基づいて設計されたフロントシートは、プレミアム・レザーで乗員を心地よく包み込み、身体をしっかりサポート。ドライバーズシートは12方向電動調節機構により、最も快適なポジションを見つけることができるようになっている。

Maserati Levante Maserati Levante
吟味されたウッドパネル、プラチナエフェクトに輝くメタル加飾、手作業によるコントラストステッチ、クラシックなアナログ時計をはじめ、最高級の素材が「レヴァンテ」のキャビンを飾るために選ばれている。ロングホイールベースとワイドなボディにより、後部座席には3人の乗員が座ることができる。

Maserati Levante Maserati Levante
Maserati Levante Maserati Levante
また、好みによりインテリアをカスタマイズすることができ、マセラティのレースの伝統を反映し、スパルタンなイメージを楽しめる「スポーツ・パック」。イタリアの上質なクラフツマンシップの伝統を取り入れ、幅広い素材と特別なコンテンツを取りそろえた「ラグジュアリー・パック」。そして同パックにはイタリアのファッションブランド、エルメネジルド・ゼニアによる特注シルクと最高級イタリアレザーを組み合わせた「ゼニア・エディション・インテリア」も含まれており、その他多彩なオプションが用意されている。

Maserati Levante
ダッシュボードの中央には「レヴァンテ」の神経中枢と呼べる、新しい8.4インチ「マセラティ タッチ コントロール プラス(MTC PLUS)」システムを導入。日本市場においては、イタリア車として初めて「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応する。

安全走行のための装備として、4台のカメラを使用して車の周囲360°に対するトップダウン画像を8.4インチディスプレイに表示する「サラウンド・ビュー・カメラ・システム」と「クルーズ・コントロール・システム」を標準装備。その他オプションで、幹線道路や高速道路の走行中の快適性と安全性をさらに高める「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」、高速道路の走行専用に設計され、車が現在の車線から誤ってはみ出す危険を低減する「レーン・デパーチャー・ワーニング(LDW)」、接近すると衝突するおそれがあることを、視覚、聴覚、および触覚(ブレーキの振動)で警告する「フォワード・コリジョン・ワーニング(FCW)」を用意している。

Maserati Levante
なお9月のデリバリーに先駆け、全国のマセラティ正規ディーラーにて5月13日(金)から8月1日(月)の期間、本モデルを特別展示する「マセラティ レヴァンテ ディーラーロードショー」が開催される。詳細は、公式サイトへ。

■マセラティ公式サイト
http://www.maserati.co.jp/