我々はともかく辛抱強く、英国BBCによる自動車番組『トップギア』の新シーズン放映開始を待ち続けている。果たして、新しい司会者たちを迎えた番組は我々を楽しませてくれるだろうか。そして我々はそれが『トップギア』という名前に相応しいものであると納得できるだろうか。そんな我々の興味をさらに刺激するような、新しい予告編が公開された。

この40秒のトレーラーでは、新司会者のクリス・エヴァンスと、米国NBCのTVドラマ『フレンズ』のジョーイ・トリビアーニ役でお馴染みのマット・ルブランがフィーチャーされている。今回はニュルブルクリンクの女王ことサビーネ・シュミッツや、英国のジャーナリストであるロリー・リード、覆面ドライバーのザ・スティグの姿は見られない。『トップギア』といえば出演者たちの個性が常に注目されてきたが、もちろんクルマがなくてははじまらない。そして予告映像を見る限り、新シーズンには最初からクールなクルマが登場するようだ。

まず確認できるのは、クラシックなフェラーリ「250GT TdF」、アブダビのF1サーキットでクリス・ハリスが運転するアストンマーティンヴァルカン」、雨のブラックプールの街で対峙するランドローバージープ、そしてオフロードに向かうジャガーF-PACE」だ。元F1チーム・オーナーとして知られるエディ・ジョーダンはメルセデスGLC」の助手席で青年ドライバーに指示を出し、マット・ルブランはモロッコの荒野をアリエル「ノマド」で疾走フォード「マスタング」シボレー「コルベット」ダッジ「ヴァイパー」といったアメリカン・マッスルカーが駆け抜けるシーンも最高の演出だ。とにかく、この映像を見れば新生『トップギア』への期待は高まるに違いない。番組本編を楽しみに待つとしよう。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー