フィアット、「124スパイダー」のコンフィギュレーターを米国サイトで公開!
Related Gallery:2017 Fiat 124 Spider Elaborazione Abarth: New York 2016

先日、新型オープントップ2シーター「124スパイダー」の価格を米国で発表したフィアットが、続いて同車のコンフィギュレーターを公式サイトで公開した。

124スパイダーには「クラシカ」「ルッソ」「アバルト」という3種類のモデルが用意されている。スポーツ性を高めた「フィアット 124スパイダー エラボラツィオーネ アバルト」("エラボラツィオーネ"はイタリア語で"処理"を意味する言葉だが、よく省略されているところを見ると大して意味はないらしい)の購入を考えている方は、恐らくレザー/アルカンターラが張られたレカロ製スポーツシートの装備を検討されていることだろう。ちなみに、この1,195ドル(約12万8,000円)のオプションを、124スパイダーの兄弟車であるマツダ「MX-5ミアータ」(日本名:ロードスター)にも装着できるかとマツダに尋ねたが回答は得られなかった。ただ、このオプションを追加するなら大きな犠牲を払うことになる。3,995ドル(約43万円)の「ラグジュアリー・コレクション」を選択できなくなるからだ。

高額なラグジュアリー・コレクションには、レザー製スポーツシート(ただしレカロ製ではない)、ナビゲーション・システム、LEDヘッドライト、計9個のスピーカーを備えたBoseサウンドシステムなど多数の魅力的な装備が含まれる。ラグジュアリー・コレクションを選び、これら全てのオプションを付けるのか、それともレカロ製スポーツシートを取るのか。実に悩ましい選択だ。

アバルトに用意されるもう1つのパッケージ・オプションは、「セーフティ・アンド・コンフォート・コレクション」。価格は1,495ドル(約16万円)で、クロス・トラフィック・アラート機能付きのブラインド・スポット・モニタリング、リア・パーキングセンサー、ヒーテッド・ドアミラー、自動防眩ルームミラーなどが含まれる。ただし、これを選ぶことができるのは、レカロ製スポーツシートを選択した場合のみ。というのも、これらの装備はほぼラグジュアリー・コレクションの内容と重複するからだ。さらに、単独オプションとしては、1,495ドル(約16万円)のブレンボ社製ブレーキなどがある。黒いボンネット上のデカールは、ジュネーブ・モーターショーニューヨーク国際オートショーに出展された際にも注目を集めたが、なぜかコンフィギュレーターには用意されていない。

下位モデルのオプションは、よりシンプルな構成になる。エントリー・グレードの「124スパイダー クラシカ」では、1,295ドル(約14万円)の「テクノロジー・コレクション」を選択できるだけ。これには7インチ・ディスプレイ付きオーディオやリアビュー・カメラ、そしてキーレスプッシュボタンスタートシステムなどが含まれる。

上級グレードの「124スパイダー ルッソ」は、アバルトと同じ「セーフティ・アンド・コンフォート・コレクション」が選べるほか、3,795ドル(約41万円)の「プレミアム・コレクション」が設定されている。これにはアバルト向けのラグジュアリー・コレクションと同じ装備が含まれるが、ルッソはレザーシートが標準なので少し価格が安い。クラシカとルッソには単独のオプションは用意されていない。

コンフィギュレーターは米国仕様なので日本に導入されるものとは異なるだろうが、124スパイダーが気になっている方はこちらからご自分で試してみてはいかがだろう。



By Brandon Turks
翻訳:日本映像翻訳アカデミー