これで雨や雪の日も快適に通勤! 北欧のデザイナーが自作した電動4輪自転車「ポッドライド」
Related Gallery:Maxwell EP0 Electric Bicycle

スウェーデンの一部地域では、その他の北欧諸国がそうであるように、冬は長く厳しいものだ。激しい雪の中に自転車で漕ぎ出していくには、無謀さにも近い勇気が要るだろう。デザイン・エンジニアのミカエル・チェルマン氏も、普段は楽しんでいる自転車通勤が、天候によって困難や苦痛に変わるという経験をしばしば味わっていた。そこで独創的なチェルマン氏が自ら作り上げたのが、「PodRide(ポッドライド)」という名前の優れた全天候型ベロモービル(足漕ぎ式乗物)だ。

ポッドライドは4輪の自転車で、乗り手を風雨から守るべく防水生地に覆われている。これにより、ちょっと見た限りでは、まるで小さなクルマのような姿だ。高さは実際のクルマと同じくらいなので道路上で認識されやすいが、自転車専用道路を走っても問題のないサイズに収まっているので小回りも効く。ヘッドライトとウィンカーが装備されており、安全性も万全だ。

さらにポッドライドには、通勤をアシストしてくれる250Wの電動モーターが搭載されている。最高約25km/hという速度で、約60kmの距離を電気の力を借りて走ることができるという。背もたれ付きのシートは心地よいクッション張りになっているから、長距離運転も快適だろう。

雪の多いスウェーデンの自転車専用道路でも操縦しやすいよう、チェルマン氏はポッドライドにスタッドタイヤを装着。ウィンドウにはデフロスターまで付いている。夏はウィンドウを開ければ風通しも問題ない。フロントガラスには手動式のワイパーが備わっているので、良好な視界を確保できる。

内部にも荷台はあるが、余分な荷物を積みたい時や子供や動物を載せたい場合には、サイクルトレーラーでけん引することも可能だ。チェルマン氏はこの自作機の実用性を実感しており、すでに1年以上、通勤に活用しているという。同氏によればポッドライドは運転も面白いらしい。確かに、ポッドライドが雪や氷の上を走っている姿を見ると、とても楽しそうに見える。

同氏は現在、ポッドライドのキットもしくは完成品を製造販売するべく、クラウドファンディング・サイトの「Indiegogo」でキャンペーンを展開中だ。本記事を執筆している時点では受付終了まで8日間を残し、4万7,777ドル(約513万円)が集まっている。チェルマン氏は今後、荷台を広くし搭乗人数も増やせるようなモデルも作っていきたいと考えているそうだ。だが目下の関心は何より、この環境に優しい新型マシンを、クルマに代わる移動手段としてアピールしていくことにあるという。




By John Beltz Snyder
翻訳:日本映像翻訳アカデミー