Audi A4
近頃アウディがちょっと販売戦略を変えてきたように思う。感覚的には日本に新型TTが導入されてきたあたりからだ。
これまでの、「どう、オレおしゃれっしょ!」みたいな、とかくファッション性をゴリゴリ推す方式から、テクノロジーとかエンジニアリングにフォーカスしたプロモーションにシフトしてきたのだ。「技術の〇ッサン」(オッサンではない)じゃないけど、ベタに言うならそんな感じ。
しかし、オシャレ番長の名を欲しいままにした、かつての芸風を決して捨てたわけではない。仕上げられるクルマがイキナリ泥臭くなるわけもなく、さじ加減は心得たものなのがまたちょっとだいぶニクい。洗練をしっかりと残しつつもさらに走りを研ぎ澄ませたのだから、もう絶対よくなってるに違いないのだ。

Audi A4 Audi A4
というわけで、新型A4だ。
ミッドサイズセダンとして、ゆとりと取り回しの良さの双方を兼ね備えるA4は、日本のみならず世界的なベストセラーとなったモデルである。ガチのライバルは絶好調の快進撃を続けるメルセデス・ベンツ CクラスBMW 3シリーズだ。そのライバル勢含めて、どれもがイバりすぎずに高級感を漂わせるという、実にエエ塩梅の存在感なのはご存知の通り。なかでも特にメルセデス・ベンツ Cクラスの躍進は凄まじい。恐るべき戦略的なバーゲンブライスを掲げ、さらにセグメントを越えた質感と走りを備え、今やオシャレアイコンとしてもアウディを喰う勢いがある。

Audi A4
それを相手にどう戦うのか。いやもうアウディとて戦えないんじゃないか。実はそう思ってた。
しかしA4の、Gacktみたいにクールなポーカーフェイスの下に隠されていたのは、ドライバーズシートに身体を埋めたその瞬間からわぁ、とドライバーの心を震わせる先進技術の見せ方と、さらにタイヤひと転がりでわかる進化した走りだった。この演出、さすがアウディである。

Audi A4 Audi A4
まずボディサイズがほんの少し拡張されている。全高のみが変わらず、つまり先代よりもよりロー&ワイドな迫力を得た。と同時に、乗員スペースも拡大され、ショルダー部分が+11mm、前席ヘッドクリアランス+24mm、さらに室内長は+17mmで、リアのレッグルームは+23mmと室内に拡がりをもたせている。数字にすればわずかだが、比較すれば先代のオーナーははっとするくらいの広さを感じるはずだ。

Audi A4 Audi A4
エクステリアもお馴染みの見慣れたシングルフレームグリルが新しくなり、ボディサイズの拡張にも合わせて、より横方向への伸びを感じられるようにデザインされた。またアウディお得意のライト類にももちろん手が入り、フロント・リアともにイマのアウディ顔に仕上がっている。

Audi A4 Audi A4
マトリクスヘッドライト(ルームミラーに内蔵されたカメラが対向車や先行車を検知し、自動的に配光を調整する)は、セットオプションにはなるが、A4を買うなら是非着けてもらいたい。

とはいえ全体的な印象はあくまでもコンサバティブ。ブランニューを感じるのは、むしろ質感と使い勝手の大幅な向上を図ったインテリアかもしれない。

Audi A4 Audi A4
まず、シートに納まって最初に目に入るのは、「バーチャルコックピット」と呼ばれるインストルメントクラスターだろう。ハンドルのその向こう、普通ならメーター類が納まっているその場所に一面に広がるのは、12.3インチの液晶カラーディスプレイなのだ。
「MMI」というのはマルチメディアインターフェイスのイニシアルを取った呼び名で、アウディのナビゲーション・オーディオ・ビジュアルなどを統合してコントロールするシステムのことを指すが、この「バーチャルコックピット」もMMIに統合制御されている。

Audi A4
圧倒的なのは、ここにナビの地図を表示させることができるという点で、一旦コレに慣れてしまうと、インパネ中央に配されたナビ画面に視線移動するのがどれほどドライバーにストレスをかけていたのかを思い知る結果となる。それくらい、便利。なおかつフォントが美しいので見やすい。

Audi A4 Audi A4
もちろん速度計/回転計のみを表示させることも、ラジオやオーディオの曲名を表示させることもできるし、その変更操作はステアリングホイールにあしらわれたボタンで簡単に行える。従来通り、ナビをインパネの真ん中に備えられた8.3インチのディスプレイに表示させることも可能だ。

Audi A4 Audi A4
そして、この「MMI」を操作するためにあるのがセンターコンソールに備えられたボタンや円いダイヤルなのだが、ココも一時期に比べると、感激するくらいにシンプルになった。
以前は戦闘機か!? ってほど、行きずりでは到底使いこなせないレベルのボタンだらけだったのだが、それがある程度集約され、直感的に使いやすくなったのは喜ばしい。

Audi A4
それから、エアコンの操作パネルがいやんなっちゃうくらいオシャレなのも、ちょっと注目して欲しい。マットホワイトのフォントがもう!こういうの、女性にはすごく響くと思う。

Related Gallery:Audi A4
Audi A4 Audi A4
さて、今回の試乗ではFFのA4 2.0 TFSIと、四輪駆動のA4 2.0 TFSI Quattro Sportに試乗が叶った。

Audi A4 Audi A4
エンジンは仕様違いの2リッター直4ターボ。A4 2.0 TFSIは190ps、320Nm、一方A4 2.0 TFSI Quattro Sportにはハイパワー仕様の252ps、370Nmのものが搭載される。

Audi A4 Audi A4
まずどちらにも共通して言えるのは、運転の際、ものすごく車体を小さく感じることだ。ボディサイズは拡大しているのに、小回りがバツグン。
Uターン時などにやや小径のステアリングをくるくると回すと、タイヤのキレ角が大きく取られているために細かく切り返すことなどしなくても、するんと転回できてしまう。もちろん、そのためにはフロントガラスからの見渡し、見切りがよく計算されているということもある。

Audi A4
また、先代では日本導入の右ハンドルに移設する際の弊害で、ややペダル類の配置が外側に寄っていたのだが、これも改善され、ドライバーに対してほぼまっすぐな位置に収められた。

Audi A4
そして、大幅なダイエットにも成功している。A4のキモはこの減量とも言えるかもしれない。なんとその目方、最大120㎏!(編集部注:欧州仕様の場合)
繰り返して言うが、ボディサイズは拡大されているのに、だ。

Audi A4 Audi A4
ダイエットの恩恵を特に感じる結果になったのはFFモデルのA4 2.0 TFSI。重量はクワトロモデルと比べてこれまた120㎏も軽いから当然なのだけど、とにかく軽快なドライブが楽しめる。

Audi A4
まずしょっぱな、アクセルを踏み始めてすぐ、発進のときから鼻先の軽いのが実感できるし、コーナーではステアリングの舵角に対して鮮やかなくらいにスパっと出口に向かって斬り込んで行ける。
そう、軽量はもちろんのこと、この電動ステアリングのフィールの感触の付け方は本当に見事で、敢えてコーナーを探して走ってしまいそうになるくらいに気持ちいい。軽すぎず重すぎず、実に乗り手の気持ちをよく汲んでくれる味付けになっていて感激した。

Audi A4 Audi A4
また、全輪5リンク式のサスペンションが、思った以上にスポーティーだったのも、このステアフィールにはよく似合う。ミドルクラスのセダンというパッケージから、もっとコンフォータブルで緩やかな感じのサスペンションを期待していたのだが、思った以上にカッチリしていた。
しかし、何度も繰り返すようでアレだがこのハンドリングの鋭さを味わうには、これくらいアシもしっかりしてたほうがキャラが際立っていい。

Audi A4
対してA4 2.0 TFSI Quattro Sportだが、これはこれでかなりの重厚感を持たせていて、A4 2.0 TFSIの軽快さとはまた性格を分けている。
ステアフィールもやや重めで、ペダル類もどっしりとした踏み心地。A4 2.0 TFSIに対して、クワトロモデルはなんだか余裕のような貫禄のようなものを醸し出している。

Audi A4 Audi A4
出力を高められたエンジンが搭載されてはいるけれど、その分ガンガン踏んでいく、という感じではなく、あくまでも増えた重量を押し出すためのパワーを余剰に残してあるようなイメージなのだ。
しかし、それでもエイヤと踏んで行ったときのことを話すとすれば、このエンジンの息継ぎのないターボに、クワトロの組み合わせは最高にクール。

Audi A4
特にコーナリングでは、ぐわっと生まれるトルクをクワトロが受け止めてズルッとコーナー後半を押し出していく。これはクワトロでしか味わえない醍醐味だ。その、手を添えて最後まで介添えしてくれるかのような丁寧な駆動は、コレしか見えない人がいるのもよく理解できる。

Audi A4 Audi A4
逆に気になったのは、このA4に搭載された「アクティブレーンアシスト」の精度。
A4から、予防安全技術がばかすか投入され始めたのだが、時速60㎞で車線維持をサポートするというのが「アクティブレーンアシスト」で、車載カメラで路上の白線を検知し、ドライバーが車線を逸脱しそうになるとステアリングの修正を自動的に行うというもの。

Audi A4
この介入の仕方がやや怖いのである。しかもオバちゃん並みにおせっかいなのだ。もう、まだ全然大丈夫だからほっといてよ!みたいなタイミングでも早めに介入してくるときもあった。さらに、介入を始めた際、一瞬だけだが舵が抜けたような状態になる時があり、それがたまたまコーナリング中だったりするとヒヤっとするシーンも。

Audi A4
とはいえ、このシステムに助けられる人は多いと思うから、装着自体は大いにオススメしたいが、もし介入がイヤなときはウインカーの先端のボタンでシステムをOFFにしておくのがオススメだ。

Audi A4
さて、価格に関してかなり強気なのもここのところのアウディの特徴だ。
このA4、実に先代比15%アップのプライスタグを掲げる。ぶっちゃけもうちょっと装備をダウングレードして、安価なモデルを出してもいいと思うんだけど。そしたら絶対もっと売れると思うんだけど...出さないよね。しょんぼり。

■アウディ 公式サイト
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja.html