DUNLOP PORTMAX α-13 SP
ハイパワー化した最新鋭のリッタースーパースポーツたちを、ロードレース経験のない自分でも臆することなくアクセルを開けて楽しめたのは、この新作タイヤのおかげかもしれない。『ダンロップ SPORTMAX α-13 SP』だ。

DUNLOP PORTMAX α-13 SP DUNLOP PORTMAX α-13 SP
フロントの接地感がとても高く、安心してコーナーの奥まで突っ込める。ウォームアップも早く、1周目から積極的に走れる低温時の安定性も目を見張るものがあった。

DUNLOP PORTMAX α-13 SP DUNLOP PORTMAX α-13 SP
試乗したのは筑波サーキット2000にて、 ヤマハ YZF-R1Mホンダ CBR1000RRスズキ GSX-R1000BMW S1000RRといった1000ccスーパースポーツモデルで走った。

DUNLOP PORTMAX α-13 SP
『ダンロップ SPORTMAX α-13 SP』は、主に600cc超のビッグバイク向けとなる『α-13 SP Z』(Zレンジ)と、国内、アジア選手権などで250/300ccクラスへのワンメイクタイヤとしても使われるプロダクションレース対応レーシングスポーツラジアル『α-13 SP H』(Hレンジ)の2本立てとなるが、今回試したのは『α-13 SP Z』だ。

DUNLOP PORTMAX α-13 SP DUNLOP PORTMAX α-13 SP
近年、車両の高性能化に伴い、サーキットを気軽に楽しめるエントリーレースや走行会が増加傾向にある。ダンロップのスポーツラジアルタイヤには『D212GP』がラインナップされてきたが、それでは本格的過ぎるし、また従来の『α-13』では物足りないというユーザーの声が高まりつつあった。

DUNLOP PORTMAX α-13 SP DUNLOP PORTMAX α-13 SP
そういった要望を受け、新たに開発されたのが、扱いやすくハイパワーを受け止められるポテンシャルを持つ今回の『α-13 SP』となる。強力な接地感、タイヤウォーマーを使わなくてもいい低温特性、1イベント+練習もこなせるライフを合わせ持ち、サーキット走行がより身近に、もっと楽しめるタイヤになっている。

Related Gallery:DUNLOP PORTMAX α-13 SP
DUNLOP PORTMAX α-13 SP
ターゲットはズバリ、サーキット走行がメインの初〜中級ユーザー、ジムカーナ競技者。サンデーレースやサーキット走行を休日に楽しむライダーたちで、練習走行から本番のレースまで1本で充分にこなせるロングライフを持っているのが嬉しいかぎり。

DUNLOP PORTMAX α-13 SP DUNLOP PORTMAX α-13 SP
サーキット走行を楽しむためのプロファイルは、コーナリング性能を徹底的に追求したもので、旋回力の向上を図って、フロント&リアともにトレッドの高さをアップ。軽快にロールしつつも強力な旋回性を発揮するので、寝かし込むほどにグイッと曲がるリニアなレスポンスと、安定感のあるハンドリングを両立している。

DUNLOP PORTMAX α-13 SP
フロントにはコーナリングフォースの高い「2カットブレーカー構造」を、リアには強靱でしなやかなスチールコードを撚り絡め合わせ、タイヤの周方向に連続的に巻き付けたベルト構造「HES-JLB(ハイ・エロンゲーション・スチールジョイントレス・ベルト構造)」を採用。

DUNLOP PORTMAX α-13 SP
また、しなやかさを保ちながらもサイドウォールの剛性を確保することで、快適な乗り心地と適度なハンドリングレスポンスを兼ね備えた。フロントはブレーキをコーナー奥まで握りしめ、リアはしっかりとトラクションを受け止めている。しなやかに踏ん張るだけでなく、路面の状況が掴みやすく、手強いリッタースーパースポーツでもイメージどおりに動くナチュラルなライドフィールを実感できた。サーキットビギナーでも積極的なアタックを楽しめる安心感のあるタイヤだ!

DUNLOP PORTMAX α-13 SP DUNLOP PORTMAX α-13 SP
タイヤサイズは下記の通り。
■ダンロップ SPORTMAX α-13 SP
(Zレンジ)
120/70ZR17M/C (58W)
160/60ZR17M/C (69W)
180/60ZR17M/C (75W)
200/55ZR17M/C (78W)

(Hレンジ)
110/70R17M/C 54H
140/70R17M/C 66H
150/60R17M/C 66H

DUNLOP PORTMAX α-13 SP
Hレンジは、イベントレースで好評の『α-13』のコンパウンドをベースに、レース用微粒子カーボン&高分子量ポリマーでさらなる強力なドライグリップと高い耐久性能を実現し、幅広い温度領域で優れたレーシング性能を発揮。アジアロードレース選手権のAP250クラスをはじめ、今年からスタートしたJP250クラスのワンメイクタイヤにも指定されている。


■ダンロップタイヤ 公式サイト
http://tyre.dunlop.co.jp


■SPORTMAX α-13 SP スペシャルページ
http://ridersnavi.com/catalogue/tyre/a13SP/special.html