シボレー、自然吸気エンジンを搭載する高性能モデル「コルベット グラン スポーツ」の価格を発表
Related Gallery:2017 Chevrolet Corvette Grand Sport

シボレーの"C7"と呼ばれる現行型「コルベット」で、「Z06」の運動性能は欲しいが650馬力ものパワーは必要ないと考えるなら、新しい「コルベット グラン スポーツ(GS)」は良い選択だ。このたび明らかになった価格を見ても、8万ドル(約850万円)を超えるZ06には手が届かないと思う人にも、GSは最適な代替品になると言えるだろう。

コルベット・シリーズの中間に位置するGSの価格は、クーペが6万6,445ドル(約704万円)、コンバーチブルが7万445ドル(約747万円)と発表された。Z06はクーペが8万395ドル(約852万円)、コンバーチブルが8万4,395ドル(約894万円)なので、GSはそれより1万3,950ドル(約148万円)ほど安く購入することができる。しかし、もっと注目すべきは、ベースモデルの「コルベット スティングレイ」がクーペは5万6,395ドル(約598万円)、コンバーチブルが6万395ドル(約640万円)と、GSとの価格差がわずか1万50ドル(約107万円)しかないことだ。

これはバーゲン価格と言えるだろう。たった1万ドルの上乗せで、最高出力460hpのエンジンを搭載する標準モデルよりも軽量化され、コーナーでは最大1.2Gもの横加速度が体感できるコルベットが手に入るのだ。専用スプリングとスタビライザーで引き締められた足回りには、フロント285/30ZR19、リア335/25ZR20と前後で異なるサイズのミシュラン製「パイロットスーパースポーツ」ハイグリップ・タイヤを、専用デザインのホイール(12インチのリム幅が復活!)に装着。ブレンボ製の大型ブレーキや、「MagneRide」マグネティックライドコントロールダンパー、電制リミテッド・スリップ・ディファレンシャルも標準で装備する。さらにハイパフォーマンスを求める人には、カーボンセラミック・ブレーキと「パイロットスポーツカップ2」タイヤにアップグレードされる「Z07」パッケージも用意されている。要するに、お買い得価格でサーキット走行も楽しめる、まさにコルベット・シリーズのツボを押さえたモデルというわけだ。

あとは、シボレーが試乗会を開催するのを待つのみ...。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー