中古車を購入する時に不安に思うことは、見た目は良いが、実際走ってみてどうなのかということではないだろうか。

一般的には、中古車を購入する際、車検が切れていて、公道での試乗が出来なかったり、試乗ができても敷地内だったりすることが多い。

タイムズモビリティネットワークスはレンタカーやカーシェアリングで使用した車両の販売をする際、最大24時間、タイムズカーレンタルを利用することで購入対象車を試乗してから購入できるサービスを2015年より開始している。

そして、4月28日より新たにポルシェやロータスなど、憧れの名車を貸し出すサービス「Service X」のクルマも販売ラインアップ加わった。


「Service X」は、 東京都・神奈川県の7店舗で、 ポルシェ、 ロータス、 トミーカイラZZといった希少な車種を1時間2,700円(税込)から借りることが出来るサービスだ。

"憧れの名車に乗ることができる"をコンセプトに「新しいレンタカーの楽しみ方」を提案しているこのサービスは、購入したいがライフスタイルにはフィットしないため所有できないようなクルマをわずかな金額で楽しむことが出来る人気のシステム。

今回、この「Service X」のクルマが実際に販売ラインアップ加わることで、乗ってみたらどうしても所有してみたくなったという場合や、充分試乗してから中古車を購入したいというニーズにマッチするサービスになっているのだ。



2016年4月30日現在で販売されていたのは上記の6車種。

スーパー7(レプリカのウェストフィールド SE)は、1時間2,700円、他は3,780円でレンタルできる他、購入したい場合は最大24時間レンタル可能で、そのレンタル費用は購入代金から値引きしてもらえるということだ。

もちろん購入しないということもできるが、その場合は通常のレンタル費用がかかる。

なお、本体価格には、法定点検・整備を実施して納車 法定点検・整備ならびに外装の納車前仕上げを実施して、 納車する費用が含まれている。

また、輸入車で気になるメンテナンスについては、有償オプションのタイムズカー補償に加入することで、1年以内であれば累積修理代金が車両価格を超えない範囲において何度でも無償修理できるということだ(加入できない車両もあり)。

中古車購入で失敗したことがある読者は、このようなサービスを検討してはどうだろうか。

タイムズのユーズドカー販売公式サイト
http://used.timescar.jp/af/premium/