英国BBCが、『トップギア』撮影の裏側を見せるスピンオフ番組『エクストラギア』の放映を決定
英国BBCが、米国のTV局AMCの手法を取り入れて、再出発をはかる『トップギア』のスピンオフ番組を制作することが決まった。『Extra Gear(エクストラギア)』と題されたこの派生番組は、世界最大級の人気を誇る自動車番組をもっと深掘りする30分間の放送となるようだ。

AMCの人気ドラマ『ウォーキング・デッド』の放送後に出演者が語り合う『トーキング・デッド』はよくあるトーク番組の形式だが、『エクストラギア』ではドラマと違って展開のネタバレになることがないので、本編の裏側をより詳しく見ることができる番組になりそうだ。その司会者は『トップギア』出演者の1人である英国のジャーナリスト、ロリー・リードが務める。

「『トップギア』は世界でも有数の鋭いファンを多く抱えています。この番組では、そんな皆さんにカーテンの裏側をチラリとお見せします」とリードは『トップギア』のウェブサイトにコメントを寄せている。「本編の制作過程や、シーンの裏側では何が起こっているかをお届けするのが楽しみです。世界で最もクールなクルマの数々を違った視線からお伝えします」。

このスピンオフ番組は実にいい企画だ。AMCを例に挙げ続けるわけではないが、『ウォーキング・デッド』に続いて放送される『トーキング・デッド』は、シーズン終盤のあるエピソードで約1,300万人の視聴者を獲得するほどの大ヒット番組となっている。『エクストラギア』は、英国ではBBC3(『トップギア』は普段BBC2で放送)、米国でもBBCアメリカで放送予定となっている。絶大な人気を誇る自動車番組の膨大な視聴者を、BBCがさらに惹き付けることができるか、注目したい。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー