ボルボ、「S90 エクセレンス」の車内空間コンセプト「ラウンジ・コンソール」を北京モーターショーで発表
Related Gallery:Volvo S90 Excellence Interior Concept

ボルボは昨年の上海モーターショーで、トップ・グレードのSUV「XC90 エクセレンス」向けに仕立てた「ラウンジ・コンソール」という車内空間のコンセプト・モデルを公開したが、現在開催中の北京モーターショーでは、セダンの豪華仕様「S90 エクセレンス」に合わせて製作したラウンジ・コンソールのコンセプトを出展している。

今回のラウンジ・コンソールは、モバイル・ワーキング・ステーションやエンターテインメント、そしてリラクゼーションの空間と、その時々の状況に合わせて3種類のモードで使い分けができる。車内で仕事をする時には、折り畳み式のテーブルと大型のスクリーンが用意され、また、このスクリーンではビデオのコンテンツをストリーミングで楽しむこともできる。つかの間のオフタイムが必要とあらば、後部座席がリクライニング式のマッサージチェアに早変わり。ヒーター付きのフットサポートで、さらに贅沢な気分を満喫できる。カップホルダーは保温および冷却機能も備わり、アームレストには小型の冷蔵庫が内蔵されている。

昨年は、XC90 エクセレンスの車内に設置したかたちで展示されたラウンジ・コンソールだが、今回はS90の車内空間のディスプレイ・モデルとして、インテリアが単独で公開されている。北京まで行けなくても、下の紹介ビデオでボルボが提案するラグジュアリーな車内空間を見てみよう。



By Antti Kautonen
翻訳:日本映像翻訳アカデミー