ポルシェ、4気筒ターボ・エンジンを搭載した新型「718ケイマン」の予約受注を日本でも開始
Related Gallery:2017 Porsche 718 Cayman

ポルシェが新型「718ボクスター」を発表したとき、「ケイマン」に同じような新型が登場するのも時間の問題だろうと思われた。そしてついにその時がやって来た。ケイマンはボクスターにルーフを付けたクーペ版で、現在はどちらも同じ「718」というナンバーが付けられている。新型「718ケイマン」が従来型から最も大きく変わった点は、ターボチャージャー付きのエンジンだ。旧型に搭載されていた2.7リッターと3.4リッターの自然吸気水平対向6気筒エンジンに替わり、新型では水平対向4気筒ターボ・エンジンを採用する2つのモデルが発表された。最新のボクスターと同様に、ベーシック・モデルの718ケイマンは最高出力300psの2.0リッターエンジン、上位モデル「718ケイマンS」は最高出力350psの2.5リッター・エンジンを搭載する。

旧型の自然吸気エンジンからダウンサイジングされた2つのターボ・エンジンは、いずれも旧型より最高出力が25psアップしている。最大トルクも、718ケイマンでは9.2kgmアップの38.6kgmに、718ケイマンSでは5.1kgmアップの42.6kgmに増大した。当然パフォーマンスも向上し、オプションのスポーツクロノパッケージを装着したPDK仕様の場合、718ケイマンは0-100km/h加速4.7秒、最高速度275km/h。718ケイマンSはそれぞれ4.2秒と285km/hとなっている。

もちろん新型の718には、エンジン以外にも改良が加えられている。サスペンションはスプリングとスタビライザーのレートがさらに引き上げられ、ショックアブソーバーのチューニングも変更された。これにより、横方向の剛性とホイールの位置決めが向上したという。ステアリングギア比も10%クイックな設定となり、リア・ホイールは0.5インチ、ワイドになった。 動力性能に合わせてブレーキも強化されている。これらを包むエクステリアも、前後ライトやフロント・ノーズをはじめ各部に変更を受け、新デザインのダッシュパネルやステアリング・ホイールを採用したインテリアもリフレッシュされている。

日本では4月28日から予約受注が開始となり、消費税込み価格は、718ケイマンが619万円(6速MT)から671万4,000円(7速PDK)。718ケイマンSは813万円(6速MT)から865万4,000円(7速PDK)。ステアリングは右と左が選べるが、2017年モデル左ハンドル車の予約受注は、6月1日から6月30日の期間限定となるそうだ。

ただし、これらはベース価格なので、スポーツクロノパッケージやポルシェ・トルク・ベクトリング、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステムなどのオプションを選択すれば、支払う金額は新型ケイマン並みの速さで膨らんでいくだろう。より詳しく知りたい方は、以下のURLから公式サイトをご覧いただきたい。

ポルシェ・ジャパン 公式サイト
http://www.porsche.co.jp





By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー