【ビデオ】アウディ、「Q3」の後部バンパーに電動ロングボードを格納したコンセプトカーを発表
Related Gallery:Audi connected mobility concept

クルマにまつわる様々なニュースを短い映像と共にお届けする「Autoblog Minute」から、今回は現在開催中の北京モーターショー 2016で公開された、アウディの「コネクテッド・モビリティ・コンセプト」をご紹介しよう。このコンセプトカー、なんとリアバンパーに電動ロングボードが格納されているのだ。

Q3」をベースにしたこのコンセプトカーで注目すべき点は、リアバンパーから現れるカーボンファイバーとアルミニウム製のロングボードだ。この長さ1.05mのロングボードにはバッテリーとモーターが内蔵されており、1回の充電で12km以上の航続距離を、最高速度30km/hで走行が可能。しかも、ボードを収納すると充電が自動的に行われるという。車内に搭載されたインフォテインメントシステムが、目的地までの距離と渋滞情報から所用時間を計算し、クルマよりもロングボードを使った方が早く着きそうな場合は、ドライバーにこれで行くことを勧めるそうだ。アウディのコンセプト・スケッチによれば、買い物をしたときに駐車場まで荷物を載せて運ぶことも想定しているらしい。


By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー