マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「マツダ ロードスター(海外名:MX-5)」の累計生産台数が4月22日に100万台に達したことを発表した。
<写真:マツダ ロードスター 100万台達成記念車(国内市場向け1.5L ソフトトップ車)>

Related Gallery:MAZDA Roadster 1million

これは、1989年4月に宇品第一工場で初代モデルの生産を開始して以来、27年での達成となる。



ロードスターの100万台達成にあたり、

マツダ 代表取締役社長兼CEOの小飼 雅道 氏は、
「初代の登場以来、これまで3度のフルモデルチェンジをしながら今日まで販売を続けることができたのは、世界中で『ロードスター』を支持してくださっているお客様のおかげです。マツダは今年で創業96周年を迎えましたが、節目となる100周年に向かって、『ロードスター』を今後もマツダブランドを象徴する車としてお客さまに走る歓びをお届けすることで、お客様との間に特別な絆を持ち、選ばれ続けるオンリーワンのブランドになることを目指しています。」と語った。


マツダは、累計生産台数が100万台達成できたことについて、オーナーやファンに、これまでの感謝を伝えるため、100万台達成記念車を5月3日に開催される広島県最大級の祭典「第40回ひろしまフラワーフェスティバル」の花の総合パレードへの参加をはじめ、日本国内、世界各国のファンイベントを巡回し、展示することを予定している。
(イベント概要:下記の『ロードスター累計生産100万台達成記念サイト』参照)



ロードスターは、「走る歓び」を訴求するマツダのクルマづくりを象徴する商品。
1989年の発売以来、ライトウェイトスポーツカー特有の"Fun(楽しさ)"を一貫して提供することにより、国や文化、世代を超えた様々なユーザーから支持されてきた。

これまでに日本だけでなく、世界の国々でも200を超える賞を受賞し、2015年に発表した4代目ロードスターは、「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」、2016年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞するなどグローバルに高い評価を受けている。
また、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」生産累計世界一のギネス世界記録を更新し続けており、今回の生産累計100万台達成を機に、新たな記録に挑戦する、としている。


■ロードスター の沿革
1989年 2月 米シカゴモーターショーにて初代ロードスター発表
1997年10月 東京モーターショーで2代目ロードスター発表
1998年12月 10周年記念限定車発表
2000年 5月 「2人乗り小型オープンスポーツカー生産累計世界一(531,890台)」ギネス世界記録認定
2002年 1月 累計生産台数60万台達成(ギネス世界記録認定)
2005年 3月 ジュネーブモーターショーで3代目ロードスター発表
2005年 4月 累計生産台数70万台達成(ギネス世界記録認定)
2006年 7月 英国国際モーターショーでリトラクタブルハードトップモデル発表
2007年 1月 累計生産台数80万台達成(ギネス世界記録認定)
2009年 7月 20周年記念車発表
2011年 2月 累計生産台数90万台達成(ギネス世界記録認定)
2014年 4月 25周年記念車発表
2014年 9月 4代目ロードスター発表
2016年 3月 ニューヨーク国際モーターショーでロードスターRF発表

■マツダ公式ホームページの受賞歴掲載サイト
http://www.mazda.com/ja/innovation/award/



■ロードスター100万台達成記念車展示(国内)予定
2016年 5月3日 第40回ひろしまフラワーフェスティバル 花の総合パレード
2016年 5月8日 オアシス ロードスター ミーティング
2016年 5月12日-27日 マツダブランドスペース大阪
2016年 5月29日 軽井沢ミーティング2016


■マツダ公式ホームページのロードスター生産累計100万台達成記念サイト
http://www.mazda.co.jp/cars/roadster/million/



■マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/

■ロードスター 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/cars/roadster/