レクサス「LFA」を手に入れるなら今がチャンス!?
レクサスLFA」が新車で販売されていた当時、手に入れられなかったことを悔やんでいるなら、今こそ価格が下がった中古車を探し始める時だ。中古車市場を見ると、この日本製スーパーカーの売値はついに当時の新車価格37万5,000ドル(現在のレートで約4,170万円:日本販売価格は3,750万円)を下回り始めたのだ。

レクサスは、2010~2012年の間に全部で500台のLFAを限定生産したが、そのうち約200台が米国で販売された。このスーパーカーの特筆すべき点は、何と言っても9,000rpmまで回る最高出力560psの4.8リッター自然吸気V型10気筒エンジンだろう。公道を走るクルマの中では史上最高のサウンドを聞かせてくれるエンジンの1つだ。

生産が終了した後、LFAは本来の価格である37万5,000ドルよりも高い値で取引されるようになった。しかし、自動車情報サイト『CarBuzz』によると、最近ではその傾向に変化が現れ始めているという。同サイトは不要品の売買などの情報を載せる掲示板サイト『クレイグリスト』で、ブラックの2012年モデルを発見。サンフランシスコで販売されているこの個体には、36万9,000ドル(約4,100万円)という値段が付けられているが、走行距離は2,797マイル(約4,500km)と少なく、非常に美しい状態を保っている。

また、さらなる調査では、より安くLFAを手に入れることもできると分かった。中古車情報サイト『Auto Trader』には、現在8台のLFA(サンフランシスコの1台も含む)が掲載されている。フロリダで販売されているブラックの2012年モデルは走行距離2,005マイル(約3,227km)で、なんと34万9,000ドル(約3,880万円)だ。

オークションに出品されるのを待ってみるのもいいだろう。もっと条件の良い取引になるかもしれない。実際、コレクター情報メディア『Sports Car Market』の記録では、2015年6月、カリフォルニアでルッソ&スティールのオークションに出品されたホワイトパールの2012年モデルが、33万5,000ドル(現在のレートで約3,720万円)で落札されている。走行距離は僅か140マイル(約225km)というから、落札者はこの取引にさぞ満足したことだろう。

30万ドル(約3,354万円)以上のクルマを購入することは、多くの顧客にとって簡単なことではない。しかし、このような取引の事例があるなら、LFAの価格は下がっていくと推測できる。近所の中古車販売に並ぶようなことはないだろうが、この傾向が続くのなら、いずれお買い得な取引ができるはずだ。例えば、もしLFAの値段が25万ドル(約2,800万円)台にまで下がったとしたら、豊富なオプションを付けた新型アキュラ「NSX」を買うよりも、少し上乗せしてLFAの購入を検討する顧客もいるだろう。NSXよりもLFAの方がエンジン音は間違いなく素晴らしい。そしてそんなエンジンを受け継ぐ後継車は今のところ計画されていないのだ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー