【ビデオ】ボルボの市販トラックが750トンを牽引!
スウェーデン出身のマグナス・サミュエルソンは世界最強の男の1人だ。彼は1998年にワールド・ストロンゲストマンで優勝し、さらに10回も決勝まで勝ち残っている。そしてその前にはヨーロッパ・アームレスリング選手権で栄冠を勝ち取っているのだ(数年前にはFIA世界ラリー選手権のラリー・スウェーデンにさえ参戦している)。身長は2m以上、体重は156kgで、ベンチプレスでは272kg近く持ち上げることができる。だが、そんな彼でさえ、750トンを自力で引っ張ることはできなかった。そこでボルボ・トラックスの助けを借りることにしたのである。

このスウェーデンのトラックメーカーが制作したプロモーション・ビデオでは、サミュエルソンは市販されているボルボ「FH16」の運転席に乗り込み、助手席にいるトラック・ジャーナリストのブライアン・ウェザリーと、この牽引トラックがどれだけの重さまで引っ張れるかに挑戦している。彼らは重量750トン、長さ300mのフルトレーラー式連結車両をFH16に接続。これは乗客とカーゴを満杯に積んだボーイング747ジャンボジェット2機分に相当する(フォルクスワーゲン「トゥアレグ」に一矢報いたと言えるだろう)。

要するに、非常に重い荷物を牽引するのである。幸いにも、FH16は革新的な牽引システム「I-シフト」を搭載しており、クローラーギアが装備されている。だからこそ、あれほどの重量を牽引できたのかもしれないが、それにしても簡単なことではない。一体どのように牽引したのか、約6分のビデオをチェックしてほしい。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー