アウディ ジャパン株式会社は、プレミアムミッドサイズワゴンの「アウディ A4 Avant(アバント)」をフルモデルチェンジし、21日より全国の正規ディーラー(120 店舗、現時点)を通じて販売を開始した。

Related Gallery:Audi A4 Avant_Press Conference

アウディ A4 アバントは、「テクノロジーとデザインの美の融合」というアウディのブランドテーゼを体現したプレミアムステーションワゴンとして、世界中の市場で高い人気を博してきた。
前身にあたる アウディ 80 アバントが1992年に登場して以来の累計生産台数は220万台を超えている。


今回発売する新型は、先に発表された新型アウディ A4のセダン仕様同様、進化したモジュラープラットフォーム「 MLB evo 」をベースにゼロから再設計するとともに、進化した「アウディプレセンス」予防安全システムなど、最新テクノロジーを惜しみなく投入して、すべての面で商品力を大幅に向上させたという。
開発にあたっては走行抵抗の削減を主要なテーマとし、体系的軽量化に取り組むとともに、エアロダイナミクスの最適化に注力して、ワゴンボディではトップクラスの Cd 0.26(欧州仕様値)を実現。
Audi A4 Avant
搭載する 2.0ℓ TFSI(直噴ガソリンターボチャージャー)ユニットは、従来型に対して動力性能を高めつつ、Start/Stop システムやエネルギー回生機構を標準装備するなどして、燃料消費を大幅に削減した。
特に、新しい燃焼方式採用の 2.0TFSI と初の7速Sトロニックを搭載したFWDモデルは、従来型に対して33パーセントの燃費改善を達成している。

安全対策の面でも、アウディ独自の先進システムである「アウディプレセンス」の機能をさらに拡充することで、ミッドサイズカーの水準を超えた予防安全/乗員保護を実現。
全モデルに標準化された「アダプティブクルーズコントロール」に「アクティブレーンアシスト」を加えた新機能「トラフィックジャムアシスト」は、アクセル、ブレーキに加えて、状況に応じてステアリング操作にまでシステムが介入することで、将来のパイロッティドドライブ(自動運転)への途を切り拓くものだという。


ステーションワゴンにとって重要なポイントであるリヤのラゲージルームも、従来型に対し、より広く使いやすくなった。
居住性が大きく改善された室内には、ナビゲーション機能を内蔵した最新のインフォテイメントシステムが搭載されており、アウディ独自のMMIコントロールユニットにより、車載された数多くの先進システムを一元的に操作することが可能。
インターネットへのワイヤレス接続も可能にした Audi connect に加えて、複数社のスマートフォンとの接続ができる Audi スマートフォンインターフェイスにより、最高水準のコネクティビリティも確保されている。


■概要

Cd=0.26:卓越したエアロダイナミクス
新型アウディ A4 シリーズは、エアロダイナミクスの面で新たなベンチマークを構築したが、このAvantモデルも0.26(欧州仕様値)という、ステーションワゴンとしては最高レベルのCd値を達成したという。
エンジンルームの下側などをフラットなカバーで覆ったアンダーボディ(欧州仕様)に加え、スポイラー機能を持たせたルーフ後端の処理などにより、後輪リフトも最少に抑えることに成功している。

エレガンスと先進イメージを融合したエクステリア

テクノロジーイメージを意識させつつも、優美なスポーティさが印象的な新型アウディ A4 アバントのスタイリングは、アウディの新しい魅力を湛えている。オプションでマトリクスLED 仕様も用意されたヘッドライトは、ステップ状のグラフィックが印象的で、ファイバーオプティクスにより映し出されるシャープなエッジがそれぞれ補助ライトとターンシグナルとしての機能を果たす。

より広く快適になったインテリア
インテリアは、従来型に比べて、すべての面でディメンションが大きくなった。
スペース面での余裕は室内のどこに座っても実感でき、水平基調で端正にまとめられたインテリアデザインによって、さらに広々感が強調されている。
シートも全面的に新しくなっており、構造材に高強度スチールやマグネシウムを使うなどして、従来型と比べると最大9kgも重量を削減した。

使いやすさを増したラゲージルーム
ラゲージルームもより広く、使いやすくなった。
荷室容量は5人乗りの状態で505ℓ、後席のバックレストを畳むと最大1,510ℓで、従来型比それぞれ15ℓ、80ℓ大きくなっている。
後席バックレストは便利な3分割タイプで、きれいな立方形をしたラゲージルームは使い勝手に優れている。
全モデルに電動ラゲージルームカバーのほか、パーティションネット、ルーフレールが標準装備されている。

複合材料による軽量ボディ
外寸が若干大きくなっているにも関わらず、新型アウディ A4は、従来型と比べて、最大120kgも重量を減らしている(欧州仕様での比較)。
ボディそのものも、構造面での軽量化、及び強度に優れた熱間成型鋼板を多用することなどにより、従来型より15kg重量を削減した。

ミッドサイズクラスではもっとも充実した予防安全システム
新型アウディ A4は、アシスタンスシステムの分野でも、ベンチマークといえる存在。
「アウディプレセンスベーシック」「アウディプレセンスシティ」「アウディアクティブレーンアシスト」「リヤビューカメラ」「アダプティブクルーズコントロール」「アウディパーキングシステム」などのシステムを全モデルに標準採用したほか、さらにオプションで「アウディサイドアシスト」「アウディプレセンスリヤ」「サイドエアバッグ(リヤ)」「パークアシスト」「サラウンドビューカメラ」の各システムを用意した(標準装備のエアバッグは前席前面、前席サイド及び前後席をカバーするカーテンエアバッグの合計6つ)

そのうち「アウディプレセンスシティ」は、レーダーとカメラにより前方の交通状況を監視して、クルマや歩行者の存在を感知し、緊急時には自動ブレーキを発動するなどして追突事故の危険を減らすシステム。
追突が避けがたいか、走行状況が著しく不安定になった場合には「アウディプレセンスベーシック」により、前席シートベルトのテンションを上げるなどして衝撃に備える。
同じく標準装備の「アウディアクティブレーンアシスト」は、ドライバーの車線維持操作をサポートするシステムで、ウインカーを使用しない状況でクルマが車線を逸脱しそうになると、警告を発すると同時に、ステアリングに介入してクルマを元の車線に戻す。また、同じく全モデル標準装備の「アダプティブクルーズコントロール」と「アクティブレーンアシスト」により、時速65km/h以下の渋滞時にアクセルやブレーキだけでなくステアリング操作にも介入してドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」の機能が新たに導入された。

効率と性能を高度にバランスした2タイプの2.0 TFSI
2つの仕様の2.0 TFSI エンジンが用意されており、そのうち、quattro フルタイム4輪駆動システムと組み合わされるハイパワー仕様は、185kW(252PS)、370Nmを発揮。
これは、従来型と比べると30kW(41ps)、20Nmの向上で、その一方で、燃費効率も 15.5km/ℓ と 14パーセントの改善を果たしている。
もうひとつの140kW(190PS)、320Nmを発揮する2.0TFSI は、アウディの最新世代の「ライトサイジングエンジン」で、これを搭載したFWD仕様の新型アウディ A4は、JC08モードで18.4km/ℓと、2.0ℓクラスのガソリンエンジンとしてはトップレベルの低燃費を実現(従来型と比較すると33 パーセント改善)。
バルブタイミングの巧みな制御により、低中負荷領域で吸気工程を短縮しつつ、圧縮比を11.8:1 と、過給器付ガソリンエンジンとしては極めて高く設定した新しい燃焼方式により、かつてない燃費とパワーの両立に成功している。
燃料消費削減のために、全モデルに Start/Stop システムとブレーキエネルギ―回生システムを搭載。トランスミッションは全モデル7速Sトロニックを搭載、アウディ A4 アバント のFWDモデルにSトロニックが採用されるのは、今回初となる。

軽量設計の全輪5 リンク式サスペンションシステム
サスペンションシステムは全面的に再設計されており、前後輪ともに5リンクのシステムを採用することで、ハンドリングと乗り心地のバランスをさらに高いレベルに押し上げている。
また、鍛造アルミなどの軽量素材を大胆に採用するなどして、大幅な軽量化も実現した。

最新世代のMMI とアウディバーチャルコックピット
アウディを代表するテクノロジー MMIは、今回操作手順が全面的に新しくなった。
固定したヒエラルキーを設けない操作の仕組みは、最新のスマートフォンにも通じるところがあるという。
そのMMIと連動するシステムとして、12.3 インチの高輝度液晶モニターを用いたフルデジタルの多機能ディスプレイシステムである「アウディバーチャルコックピット」をオプション設定している。

最新のインフォテイメントシステムと最高のコネクティビティ
ナビゲーション機能と8.3インチモニターを備えた最新鋭のインフォテイメントシステムが全モデルに標準搭載されている。
操作は、ほかの車載システムも含めて、MMIコントロールユニットにより一元的に行う仕組みで、今回新たに導入された Audi スマートフォンインターフェイスにより、各社スマートフォンとの接続が可能となった。
さらに、Audi connect の付属機能であるWi-Fiホットスポットにより、最大8台までのモバイル端末をインターネットに同時接続することが可能だ。

Related Gallery:Audi A4 Avant


新型Audi A4Avantの各モデルと価格は以下の通り。

■消費税込み価格



■アウディ 公式サイト
http://www.audi.co.jp/