ロジャー・ペンスキー氏、今年のインディ500でペースカーの「カマロSS」をドライブ!
Related Gallery:2017 Chevrolet Camaro SS 50th Anniversary Edition Pace Car with Roger Penske

5月29日に行われるインディアナポリス500マイルレース(インディ500)が今年で100回目の開催となるのを記念して、シボレーはこのレースでペースカーを務める2017年型「カマロSS」の50周年記念モデルのドライバーに、モータースポーツ界のレジェンド、ロジャー・ペンスキー氏を起用する。昨年はトップ4をシボレーのマシンが独占し、ペンスキー氏率いるチーム・ペンスキーが優勝を果たした。さらに同氏もチーム・オーナーになって50年目を迎えるというのだから適任だろう。

ペンスキー氏は現在、実業家として成功を収めているが、若かりし頃はレーシング・ドライバーとして活躍した。彼のチームはこれまでにインディ500で最多となる16勝を挙げている。今年のレースでペンスキー氏が乗るのは、最近発表されたカマロSSの50周年記念モデル。全部で4台が使用される予定だが、いずれもアバロン・ホワイトのボディ・カラーに、"100th Running of the Indianapolis 500(インディ500開催100回目)"のロゴが入れられている。カマロがインディ500のペースカーに起用されるのは今年が9回目、シボレーにとっては27回目となる。1967年に初めて採用されたのが「カマロRS/SS」のコンバーチブルで、一番最近となる2014年に採用されたのは「カマロZ/28」のクーペだった。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー